2016年の交流GI・JBCクラシックを制した競走馬のアウォーディーが放牧場で死亡したとのニュースにネット上では悲しみの声が広がっています。

 

死因は安楽死のようですが、理由は何だったのでしょうか?

また引退していたのかも調べてみます。

Sponsored Link

 

アウォーディー 死亡の理由は?安楽死?

 

交流GI・JBCクラシック覇者でありあの武豊さんの相棒としても知られている競走馬のアウォーディーが放牧場で死亡したとのニュースが出てしまいました。

 

 

2016年の交流GI・JBCクラシックなど、中央、地方を合わせて重賞5勝を挙げたアウォーディー(牡8・松永幹)が6日、放牧先の大山ヒルズで右飛節を骨折し予後不良と診断。同日付で競走馬登録を抹消した。11日にJRAが発表した。

 

まだ引退はしておらず、放牧中に事故で右飛節を骨折し予後不良となったことが安楽死処分となった理由のようです。

 

通算成績は41戦10勝で、15年9月からは武豊騎手が乗りこなし、JBCクラシック(G1)など重賞5連勝という大活躍をしていた名馬の死に多くのファンが悲しんでいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やはり一時の圧倒的な速さからファンの印象にとても残っていた競走馬ですよね。

 

皆さんの心の中で走り続けてい事と思います!

 

アウォーディー 死亡…引退しない理由は?

 

アウォーディーは一時爆発的な速さを持っていましたが、歳を取った今はそれがあまり見られませんでした。

 

引退も近いと思われていた時に、事故での骨折という悲しい結末になってしまいましたね。

 

 

 

この様にに無理をせず引退をして次の世代に受け継いでもらいかったファンが多かったようです。

 

やはり年齢が上がってきて、無理をさせてしまったことが事故から死亡に繋がったのかもしれませんね。

 

名馬アウォーディーの死亡は悲しいですが、安らかに眠ってもらいたいと思います。