サッカー日本代表の本田圭佑さんがオーストラリアのチームに所属しながら、異例の実質カンボジア代表監督としても活動をすることを発表し話題を集めています!

 

東京オリンピックのオーバーエイジ枠を目指しているそうですが、この就任にはいったいどんな理由や目的があるのでしょうか?

Sponsored Link

 

本田圭佑 異例のカンボジア代表監督就任へ!

 

本田圭佑さんはオーストラリア、メルボルンのプロチーム「メルボルン・ビクトリー」に移籍が決定し、ここでプレーしながら東京オリンピックのオーバーエイジ枠を目指すと公言していました。

 

しかし、それと同時に異例のカンボジア代表チームの事実上の編成トップに就任することも発表しています。

 

本田圭佑がカンボジア代表(世界ランキング166位)の事実上の編成トップに就任した。

肩書は「Head of delegation(代表トップ)」。契約期間は2年。チーム構成や指揮に対する全権を任せられる予定で、コーチングスタッフの1人として実質的な監督の役割も担うという。

今後はオーストラリアで選手としてプレーしながら、カンボジア代表の国際Aマッチではベンチに入るという。初戦は9月10日にカンボジアで行われるマレーシア戦を予定。

 

こちらは実際に本田圭佑選手が会見を開き、自らカンボジア代表監督就任を発表しています。

 

その際、

「ミッションは二つあります。ひとつはカンボジアのサッカーのスタイルを確立すること。ふたつめは、サッカー以外のカンボジアの素晴らしいところを世界に伝えていくことも私の使命だと思います」

とも語っており、完全にカンボジア代表を強くする意志があるようです。

 

 

この本田圭佑選手の会見後、異例の事態にサッカーファンから驚きの声が上がっています。

 

 

 

 

 

 

30代男性30代男性

いろんな批判あるかもしれんけど、本田は失敗成功は別にしてオファーのある立場だし行動できる人間。

羨ましいね。

20代男性20代男性

本田は監督になるくらいの実績あるのか?しかも代表でしょ?

20代女性20代女性

面白い!これぞチャレンジ!
大変だと思うけど、頑張ってください!

 

 本田圭佑 異例のカンボジア代表監督就任の理由と目的は?

 

元々、本田圭佑選手の行動力や言動が凄さはサッカー選手の中でも跳びぬけており、ここ最近もハリウッドスターのウィル・スミスさんと会社を共同設立するなど既にサッカー選手を超えたところにあると思います。

 

今回の選手としても活動し、実質ナショナルチームのトップとして指揮する異例の事態もある意味本田圭佑選手なら納得できてしまう事ですよね(笑)

 

しかし、なぜカンボジアの代表監督なのでしょうか?

 

異例の鼓動に対する理由と目的が気になります。

 

先日、メルボルン・ビクトリーFCというチームと新しい契約を結んだばかりで現役サッカー選手は続けます。

そんな中でカンボジアサッカー連盟に『現役を続けながらカンボジア代表監督をやることは可能か』と質問したところ、『本気で言っているならオファーをする』と言っていただき、この場に至りました。

こういった形の契約は世界どこをみても、はじめての契約だと思います。そういった普通ではないやり方を受け入れてくれたことに感謝しています。

 

本人も自分が相当異例なことをしているのが分かっているようなので、並々ならぬ覚悟あるように思いますね。

 

元々カンボジアには何度も足を運び、日本人と同じ真面目さや勤勉さがある国だと考えていたそうです。

 

その際、「では監督させてくれないか?」と頼んだところオファーをもらえたという事ですね。

 

 

考えられる理由としては将来日本の代表監督を考えていて、それの事前の何か…とも思ったのですが、それなら引退してからでも良いですよね。

 

もしかしたら今現役選手としてプレーしている時に、客観的にサッカーを勉強し直したいと思ったのかもしれません。

 

後は、とにかく今は色んな事にチャレンジして、選手を引退した後に熱中できる何かを探している途中とかですかね。

 

それならここ最近の行動力のすさまじさも納得できますね。

 

ただ本当の理由は本人のみぞ知るなので、いつかインタビューで答えてくれることに期待したいと思います!