世界的に有名なフレンチシェフであるジョエル・ロブション氏が2018年8月死去していることが分かり、ファンの間で大きなニュースとなっているようです。

 

73歳で亡くなったようですが、死因となった病気の病名などを調査してみたいと思います。

Sponsored Link

 

ジョエル・ロブション 死去の死因の病気は?

 

ジョエルロブション氏は世界最高峰の料理人と言われるフレンチシェフであり「巨匠」と呼ばれるほどの腕前だったようです。

 

度々日本にも来日しており、同氏と同じ名前のジョエルロブションというお店を恵比寿や六本木に出店されていました。

 

あのミシュランガイドで総数28個の星を獲得するほどの料理人で、グルメ通からは「神様」と呼ばれるような方です。

 

 仏ル・モンドは、「世界で最も多くのミシュランの星を持つフランスのシェフ」であるロブション氏が、がんのため亡くなったと報じた。

 

日本のフレンチ界に大きな影響をもたらした料理人の突然の死去のニュースに多くのファンが驚いているようです。

 

 

 

 

 

 

 

60代男性60代男性

すきやばし次郎によく行ってる印象が。
ご冥福をお祈りします。怖そうで面白い親父だった。

40代男性40代男性

一つの時代が終わった・・・

40代女性40代女性

奥さん日本人じゃなかったかな
ハーフの息子がテレビに出てた


これほどの惜しむ声がたくさんあるので、やはりフレンチの神様だという事が分かりますね。

 

死因の病気はがんとされていましたね。

 

年齢も70を超えると男性の寿命の平均くらいだと思うので、仕方がないこととはいえファンにとっては悲しいニュースとなりました。

 

当人が死去した場合も、日本国内のお店は多分残ると思いますので是非一度恵比寿ガーデンプレイスのお店で食事をしてみたいですね。