「素敵なやつ」などの有名曲で知られている叶修二さんが今現在既に死去していることが分かりました。

 

命日は4年前の2014年2月21日だそうです。

 

死因となった病気の病名は「腹部大動脈瘤」だそうで、どういった経緯で亡くなったのか詳しく調べてみたいと思います。

Sponsored Link

 

叶修二の今現在は実は死去していた

 

叶修二さんと言えばヒット曲の「素敵なやつ」や大阪万博のテーマ曲にもなった「世界の国からこんにちは」などでとても有名な歌手ですね。

 

1948年生まれの1月1日生まれの新潟県出身の方で2014年2月21が命日となりますので、享年66歳という事になります。

 

平均からすると年齢的にはまだまだ元気なお歳だったはずなので非常に残念に思いますね。

 

 

叶修二さんは1960年代から70年代にかけて主に青春歌謡で有名になった方で、望月浩さん、川路英夫さんと共に青春歌謡三羽烏と呼ばれていました。

 

人気が落ち着いてからは新潟市内でレストランバー「B.friend」を営んでいたようですが、2014年に死去してからは表に情報が出ることはありませんでした。

 

事務所とご家族が話し合い直後は報道がなかったようですが、恐らく全盛期のファンの方に叶修二さんの今現在がどんな状態のなのか知りたいという方が多く再度話し合いの結果2018年に死去の事実を公表するに至ったようです。

 

Twitterでも叶修二さんを惜しむ声が上がっており、

 

 

 

名曲が心に残っている方も多いみたいですね。

 

叶修二の死因となった病気の病名や詳細は?

 

叶修二さんは報道によると死因となった病気の病名が

腹部大動脈瘤による出血性ショック

だとされているようです。

 

こちらの病気について詳細を調べてみると、動脈癌とは動脈が部分的に大きくなった状態の事を言い、それが心臓から伸びている全ての動脈の本幹となる大動脈に起こっていることを言うそうです。

 

種類は3つありますが、イメージは大体このような状態になるそうです。

 

引用:https://www.jll.co.jp

 

この部分的に大きくなった個所は少しのショックで簡単に破裂しやすく、それが主要な血管だった場合高い確率で死に至ると言います。

 

叶修二さんの死因の詳細は出血性ショックなので、恐らくこれが破裂して体内の血流が正常に機能しなくなってしまった状態だと思います。

 

大動脈癌は実は出現しても健康状態への影響や症状がはっきりとみられることが少なく、多くの患者さんが気付かずにいることが多いようです。

 

こぶが物凄く大きくなれば圧迫によって症状を感じることも多いみたいですが、そこまで行くと手遅れになる確率が高く非常に危険度が高い病気と言えますね。

 

早期発見には健康診断のレントゲン検査でたまに見つかることがあるくらいなので、老年の方は定期的な健康診断を心掛けた方が良さそうです。

 

叶修二さんの場合も、恐らくこぶが大きくなるまで気付かずに治療が難しくなってしまったのではないでしょうか?

 

66歳という若さで亡くなるのは現在の日本の平均からすると比較的早いので、急性の大きな症状(突然倒れたりなど)があったのだと思います。

 

一世を風靡した大スターの死はとても残念ですが、安らかに眠って頂きたいと思います。

 

 

それと共に叶修二さんの死因の病気について詳細を調べるうちにやはり50代を超えてきたら定期的な健康診断の受診を癖付けた方が良いなと思いました。

 

それくらいの年齢から病気の早期発見の遅れが最悪死に至るケースが多いようなので。

関連記事:生田悦子の病気は虚血性心不全!闘病生活を支えた夫は誰?若い頃は?

 

是非多くの人が気を付けてもらいたいと思います。