大井の帝王と呼ばれる人気騎手の的場文男さんが、最多勝利数の新記録達成をしたことが注目を集めています!

 

となると年収生涯獲得賞金も相当ヤバい額まで行っていると思うので、早速調べてみました!

Sponsored Link

 

的場文男 新記録達成で勝利数がヤバい!?

 

大井競馬場に所属し、大井の帝王と呼ばれるベテラン騎手の的場文男さんが地方競馬の通算最多勝利数の新記録達成をしたことがわかりました。

 

地方競馬の大井競馬(東京都品川区)に所属する的場文男騎手(61)が12日、同競馬の第5レースで1着になって地方競馬通算7152勝目を挙げ、川崎競馬に所属し2001年に59歳で引退した佐々木竹見さん(76)が持つ最多勝記録を更新した。

 

 

 

17歳の時にデビューして以降、実に44年間も大井競馬場に君臨し、85年から20年連続で最多勝に輝いた時は大井の帝王という異名が付くほど素晴らしい騎手です。

 

現在の勝利数は7152勝で、中央と地方という違いはありますが中央最多の武豊さんの3989勝の倍近い数字があります。

関連記事:武豊 落馬事故で負傷しヤバい!?フライデーの写真画像も!

 

武豊さんの中央でのこの勝利数も異次元ですが(笑)

 

正にレジェンドオブレジェンドである的場文男さんの勝利数新記録達成に対して、ネット上でもたくさんの称賛の声が上がっています!

 

 

 

 

 

 

 

30代男性30代男性

おめでとうございます!あとは東京ダービー制覇を!

20代男性20代男性

7151勝までの達成スピードは佐々木元騎手に負けるが、身体を鍛え続けて心を鍛え続けて62歳間近で遂に抜いた偉大な金字塔

40代男性40代男性

地元の大井で決めたからめっちゃ最高やろな。

的場文男 新記録達成で年収がヤバい!?

 

そんな最多勝利数の新記録達成をした大井の帝王と呼ばれた的場文男さんの年収はどのくらいになっているのでしょうか?

 

ジョッキーの年収は騎乗手当と獲得賞金の両方で決まります。

 

ただ、中央と地方では賞金額に大きな違いがあり、その平均5%が騎手の手元に入るのでそこも比例して少なくなってしまうようです。

 

中央の騎手であれば1レースの獲得賞金が1000万円を超えることもありますが、地方の場合は1レースの賞金が20万弱ほどなのでジョッキーにはいるのは1万円程度になってしまうようです。

 

それでトップクラスの地方競馬のジョッキーでも平均年収は5~600万ほどなので、的場さんもそのあたりになるかと思います。

 

ただ、年収よりも最多勝新記録達成の名誉の方が大きいと思うので、そこは関係ないと思いますね!