Sponsored Link

 

2018年も9月に入りいよいよ秋の季節に入ってきますね!

 

秋と言えばかなり過ごしやすい気候が続き美味しい食べ物を食べたりスポーツそるにもピッタリな季節です。

ただ、秋特有の不安定な気候にも注意していかなくてはなりません。

 

特に注目されるのが秋の季節に長期間雨を降らせる秋雨前線です。

 

8月終わりから10月半ばにかけて、夏の猛暑の原因となる太平洋高気圧が南の方に下がっていきそれと同時に冷たい大気圧が大陸側から日本に上陸してきます。

 

その時に温かい気圧と冷たい気圧がぶつかり合い大気が不安定になる状態を秋雨前線と言います。

 

秋雨前線の時期は秋雨と呼ばれ、梅雨と同じ様に雨を多く降らせる季節と呼ばれています。

 

せっかく秋になり夏の暑さが終わって過ごしやすい季節になっても、雨でレジャーを楽しめなかったりしたら気分が下がりますよね?

 

2018年の秋雨前線の時期はいつからいつまでになりそうなのかしっかりと把握するようにしましょう!

Sponsored Link

 

秋雨前線(2018)はいつからいつまで?時期はいつ終わる?

 

秋雨前線の時期は例年の平均では8月の終わりから10月の半ばまでとされています。

 

ちょうど季節の変わり目にあたる時期で、それに合わせて大気が不安的になるようですね。

 

それで2018年の秋雨前線がいつからいつまでという事についてですが、同じような季節の梅雨に比べて秋雨前線の時期は明確な「入り」と「明け」の定義がないようなのです。

 

また、地域によって降水量が多い時期が変わってしまうので、全国の人が時期を分かりやすく判断するのは難しいでしょう。

 

 

ただ秋雨前線の仕組みが分かると地域による降水量の変化がある程度予測できます。

 

さきほども書きましたが秋雨前線は夏場に日本の上空にあった暖かい高気圧が南下し、それを追いかけてきた大陸(主にロシア方面)からくる冷たい高気圧とぶつかることで雨を降らします。

 

なので、まず北側・日本海側から雨を降らし、時期が進むにつれ南側・太平洋側に雨量が移っていくという傾向あるようです。

 

つまり日本の北側には9月初め頃から雨の量が多くなり、南側は10月半ばごろにピークを迎える可能性が高いという事です。

 

人工の多い関東地方は9月中旬から後半というのは秋雨前線の季節と言えそうです。

 

という事で秋雨前線の時期がいつからいつまででいつ終わるのかは自分の地域を考慮るとある程度分かってくるという事でした。

 

秋雨前線の時期は非常に注意が必要

 

ただ、こちらも先ほども書いた通り秋雨前線の時期はいつからいつまでで終わりという明確な基準がないのでこれだけで判断するのはあまり適切ではありません。

 

というのも日本の9月という時期は非常に台風が多い時期と言われていて、それによって年毎に大きく状況が変わってくるからです。

 

台風から流れてくる温暖な大気が秋雨前線にぶつかると非常に厚く大きな積乱雲になります。

 

この積乱雲が大雨などの水害やその他の災害を巻き起こす非常に厄介なものになりますね。

 

台風は主に南太平洋側からやってくるため、9月ごろは秋雨前線のピークではない南日本側にも多めの雨を降らしたりするので秋雨前線を気にするというよりも台風を気にした方が良さそうという事です。

 

秋雨前線に台風が混ざるとかなり危険なので、この時期はいつも以上に天気予報などに注意した方が良さそうですね!

 

2018年の秋雨前線と台風の状況は?

 

現在9月初旬にこの記事を書いていますが、台風21号が南から押し寄せているという情報が既に入っています。

 

またその後ろには台風22号も発達しているという情報があるのでやはり2018年も例年通りこの秋の時期は台風が多くなりそうです。

 

ですが本来は台風の数自体は夏場も多いのですが、先ほどからも説明している通り秋雨前線と混ざることで1年で最も台風の被害が大きくなる季節となるわけですね。

 

なので今年も10月の半ばまでは台風と秋雨前線による大雨が予測されるので非常に注意するようにしましょう。

 

まとめ

 

という事で2018年の秋雨前線についていつからいつまでで時期はいつ終わるのかについて調べて書いてみました。

 

秋は夏の蒸し暑さが和らいで過ごしやすい気候になる僕も大好きな季節なのですが、台風と秋雨前線による突発的な大雨洪水は本当に気分が萎えてきますね。

 

それでもしっかりと天気予報を見て、注意すれば対処可能なので9月から10月半ばまでは何とか乗り切っていきましょう!

 

そのあとには本当の意味で過ごしやすい気温と紅葉などのイベントが待っているので、それを楽しみにして行きたいと思います。

 

という事で今回は秋雨前線の時期がいつからいつまでと台風と混ざることで大雨になる可能性があるという記事でした。

 

今回も最後まで読んで頂きありがとうございました。