風邪を元にした感染症である風疹患者が今大幅増加していることが話題になっています!

 

その理由とこのニュースに対する世間の反応を集めてみました!

Sponsored Link

 

風疹患者 大幅増加の理由がガチでヤバい!?

 

風疹は風邪ウィルスが元になって引き起こされる感染症で、全身に赤い斑点のような腫れが現れる嫌な病気です。

 

その風疹患者が今、大幅増加していることが大変話題になっています!

 

風しん患者が例年に比べて関東地方で「大幅に増加」しており、厚生労働省が注意を呼びかけている。

高熱や発疹が長く続いたり、関節痛を認めたりすることがあることにも注意が必要だ。

 

全国では、7月23日から8月5日までに38例の風しんの届け出があった。

2018年1月からの患者報告数は96人のため、3分の1以上がこの2週間で占められていることがわかる。

多くは 30 代から 50 代の男性で、関東地方が中心だ。千葉県が19人と一番多く、東京都が6人、神奈川県が2人と続く。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180816-00010003-bfj-hlth

 

 

風疹患者 大幅増加の理由

 

特に注意が必要なのは、平成2年4月1日までに生まれた人たちだ(図中の年齢は4年前のもの)。

風しんのワクチンを二度打っていれば、ほぼかからないとされる。
しかし、以下の人は一度も予防接種を受けていない可能性が高い。

1979(昭和54)年4月1日までに生まれた男性(39歳以上)

1962(昭和37)年4月1日までに生まれた女性(56歳以上)

また、一度しか予防摂取していない世代もある。これだけでは、不十分だ。

1990(平成2)年4月1日までに生まれた男女(28歳以上)

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180816-00010003-bfj-hlth

 

どうやら予防接種がちょうど漏れている世代から風疹が広まっているようです。

 

感染症なので、一度流行すると上記の世代に該当する方は早めの予防接種とワクチン投与を考慮されてください。

 

風しんワクチンや、麻しん(はしか)と風しんの混合ワクチン(MR)は病院で1万円前後で受けることができる。流行を防ぐためにも、改めて確認しよう。

 

この時期は病院が混み合う事も予想されますので、なるべく早めの行動を心掛けましょう。

 

風疹患者 大幅増加に対する世間の反応

 

30代男性30代男性

一万円は結構でかいなあ
社会問題となるのならもう少し廉価にするか何らかの補助が欲しい

20代男性20代男性

はしか騒ぎの時に混合ワクチン打っといてよかった…

40代女性40代女性

1万円はちょっと高いなぁ。

妊娠希望の女やその配偶者は補助で3000円?とかって話もきくし、なぜそこだけしか補償がないの?胎児への感染予防かもしれないけど、呼びかけるならもう少し安価にしてくれないと、徹底はむりだよね。

20代女性20代女性

私は幼稚園の時と小学校6年生の時に2回なってるけど、次にまたなった場合を考えると正直いって怖いです。

40代男性40代男性

経験上ですけと1万は安いかも
かかたら1万どころではありません
顔は発疹 仕事は最低1週間休み
おまけに通院費です

60代男性60代男性

麻疹とか風疹とか結核とか
なんか最近多くない?

60代女性60代女性

命に関わるなら予防接種費用1万円は安いと思うけど、国が補助すべき事だと思うんだけどなぁ

30代男性30代男性

え、、、また??困る。

 

 

 

 

世間の反応では予防接種の1万円が高いと感じる方が非常に多いようです。

 

やはり家計的にいきなり1万円の出費は厳しいところかもしれませんが、自治体によっては予防接種の助成金がウケられるようなので一度自分の地域を調べてみることをオススメします。

 

また混合ワクチンは風疹だけでなく以前はやったはしかにも有効なのでそう考えると費用もある程度仕方ないかなとは思いますね。

 

あとは最近感染症が多いという意見も散見されました。

 

という事は日本全体の空気が乾燥傾向にあるのかもしれません。

 

乾燥した空気の中ではウイルスが蔓延しやすいので、そのためかもしれません。

 

何にせよ、気を付ける必要があります!