映画「銀魂2」の宣伝用Twitter公式アカウント上に投稿されたお詫びの内容がファンから反響を呼んでいるようです!

 

お詫びにも関わらず好感度が爆上げ状態で「狙ってやった?」との声も。

調べていきたいと思います!

Sponsored Link

 

映画銀魂2 お詫びの内容がヤバい!!

 

映画銀魂2の公式宣伝Twitterがお詫びをした理由は、管理者がある投稿を誤爆してしまったからだそうです。

 

 映画の公式ツイッターアカウントも開設され、連日、宣伝のツイートをしている。しかし、8月12日にはこれまでと毛色の異なる投稿があった。

「ミッション:インポッシブルフォールアウト、シリーズが長くなるにつれダークでショッキングな展開になりがちなハリウッド作品の中であまりにもあまりにも、優しくてトムクルの『観客の見たいものを見せる』精神が私にとってクリーンヒットで号泣」

『ミッション:インポッシブルフォールアウト』とは、トム・クルーズ主演のスパイ映画最新作で、現在公開中だ。上記の批評は、『銀魂』公式ツイッターの管理者が個人のアカウントと間違えて投稿したとみられる。

 

映画の公式アカウントが他の映画の批評投稿をしていたらかなりビビりますよね(笑)

 

実際にその事態が起こってしまったようです。

 

 

ですが、管理者が気付きすぐに投稿を削除、その後にツイートされたお詫びの内容が反響を呼んでいます!

 

 

ユーモアのセンスが光るいいお詫びツイートですよね(笑)

 

実際にネット上でもこのお詫びツイートに対して、「面白い!」た「逆に好感度上がった!」という好意的な意見が寄せられ銀魂2の良い宣伝になってしまっているくらいでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

などなど。

 

たまにアイドルや企業がする誤爆ツイートはそれから大炎上してしまい、「謝罪」に繋がることもありますが、今回はすぐに対処してしかもその内容が面白いセンスがあったのでむしろ良い方向に運んだ感じですね。

 

他の炎上する人もこういう風に謝罪したらいいんじゃないかと思ったのですが、これはまだ誤爆内容がそこまで大したことが無いからこういう感じなったのかもしれません。

 

何にせよ、誤爆ツイートがそのまま映画の好感度上昇&宣伝になる面白い例が見られましたね!

 

映画銀魂2 お詫びは狙ってやった?

 

ただ、あまりにも綺麗な宣伝になってしまっているために一部の人たちからは「狙ってやった?」との声もあるみたいです。

 

お詫びのツイートまで予め用意しておいて、わざと誤爆ツイートをしたという事でしょうかね。

 

ただその可能性は低そうですね。

 

理由は最初の誤爆ツイートのミッションインポッシブルに対する感想&批評が余りにもしっかりしていることです。

 

もし炎上狙いだとするならもっと適当な感じになるのではないでしょうか?

 

映画好きの方が書いた良い批評はわざとじゃないからこそ書けたような気がします。

 

また映画宣伝というのは何千万というお金が関わってくる一大プロジェクトです。

 

そこで炎上を起こそうという物なら損失リスクは計り知れないので、わざとやることは絶対にないでしょうね。

 

今回は偶然が重なった良い宣伝だったと思います!