イタリアントマト 店舗減少の理由は?100店舗が閉鎖・・・

 

イタリアンレストランのチェーン店イタリアントマト店舗減少が今は話題になっています。

 

10年で100店舗以上閉鎖と報じられていますが理由は何なのでしょうか?

Sponsored Link

 

イタリアントマト 店舗減少の理由は?

 

カフェチェーンのイタリアンレストラン「イタリアントマト」が大幅な店舗減少に追いやられている模様です。

 

おしゃれで女性に人気なレストランと言われていましたが理由は何なのでしょうか?

 

イタリアントマトは、国内コーヒー大手、キーコーヒー(株)(TSR企業コード:290039142、東証1部)の連結子会社。イタリア料理を全面に出したカフェ「イタリアントマト」を直営とフランチャイズ(FC)で展開している。だが、ここにきて地方を中心に相次いで閉鎖し、10年間で100店舗以上が閉鎖された。

 

キーコーヒーの担当者は、「既存店の業態転換や不採算店の閉鎖は今後も進める」と話し、さらなる店舗網縮小の可能性を認めた。イタリアントマトの売上高は2014年2月期の約57億7700万円をピークに減少し、2018年2月期は約40億5700万円まで落ち込んでいる。
近年、急拡大しているカフェチェーンとの競合や不採算店の閉鎖が直撃したとみられる。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180816-00010000-biz_shoko-bus_all

 

 

 

実際に最近はイタリアントマトの店舗を見かけないという投稿もネット上で散見されています。

 

やはり理由としては最近のファミレス・カフェ業界の競争激化にあるようです。

 

低価格帯でおいしいファミレスが増えたので、価格の面でも味の面でも勝負できなくなってしまったというのが店舗減少の理由となりそうです。

 

イタリアントマト 店舗減少に対する世間の反応

20代男性20代男性

横浜の地下街で入ったら、タバコの煙が充満して、5分と居られなかったよ
3、4年前かなぁ
それ以来、行ってないや

40代男性40代男性

イタトマ、懐かしい。20年前はかなり人気だったのに。時代の流れを感じます。

30代男性30代男性

昔はファミレスより少し上のオシャレな店という感じだったのに、星の付くような本格的なイタフラ飯と、サイゼリアのような低価格店に挟まれ、いつの間にかニーズがフェードアウトしてしまった感じ。

40代女性40代女性

懐かしい。
昔はおしゃれな店だと思っていたが、今やイタリアンのファミレス。
しかもさほどオイシクナイからしたかない。
安くても高くても美味しくなければわざわざ外食しないよ。

20代女性20代女性

サイゼリヤがあるからなあ。全面禁煙にすれば女性も入りやすいしお洒落で持ち直すかもね

60代女性60代女性

自宅の最寄り駅の駅前にもイタトマがあったが、いつの間にかいきなりステーキに変わっていた。
近くのサイゼリヤとの競争に敗れたと思っていたが、それだけではないのかな。

30代男性30代男性

懐かしい。学生時代によく行ってた。
もうあのデカいケーキは消化できない。


ネットユーザーも様々な憶測を立てていますが、やはり他のファミレスに対して味の面でも価格の面でもメリットを感じなくなったという声が多いようでした。

 

ただイタリアンレストランであれば、個人経営のお店の方に興味を惹かれますし、安さであればサイゼリヤには敵わないでしょう。

 

また、たばこが気になるという声もあり、全面禁煙にしないと勝負はできないと言われています。

 

しかし、うかつに禁煙にして既存顧客が離れればそれこそ死活問題なので、このまま減少の一途をたどるかなと思いました。

 

お店の雰囲気はとてもいいのでなんとか店舗減少を食い止めるとように是非頑張ってもらいたいですね。