Sponsored Link

 

水泳の飛び込み競技のサラブレッド、金戸凛さんとそのご家族が今夜の深イイ話に出演されるようです!

 

金戸凛さんと言えば父親も母親も祖父も祖母も高飛び込みのオリンピック代表選手で、さらに他の二人の兄弟も同じく飛び込み選手という飛び込み一族に生まれた美少女ダイバーですね!

 

血筋だけでなく金戸凛さん自身の実力もかなりの物で、世界に一人だけしかできない大技を習得して居たり、ジュニアだけでなくシニアの大会でも圧倒的な成績を残して優勝しているという噂なので詳細を調べていきたいと思います!

 

また彼女自身についても出身地、高校、身長などのプロフィール情報や詳しい家族構成なども調べてお届けするので興味がある方は是非ご覧ください!

Sponsored Link

金戸凛のwiki経歴&プロフィール!出身、高校、身長は?

金戸凛のプロフィール

名前:金戸凛(かねと りん)

年齢:15歳
生年月日:2003年7月18日
出身:東京都
中学:日出中学校

高校:日出高校(予定)
身長:150㎝

体重;40kg
職業:学生、高飛び込み選手

 

金戸凛さんは2003年生まれのまだ15歳の現役中学生でありながら既に将来のオリンピック出場が期待されているもの凄い高飛び込み選手です!

 

それもそのはずで両親の二人ともがソウル・バルセロナ・アトランタオリンピックの3大会で代表を務めた金戸恵太さんと金戸幸さん、その上の祖父、祖母も元オリンピック代表の俊介さんと久美子さん

 

さらにお姉さんの華さんとお兄さんの快さんも全員が高飛び込み選手という飛び込み一族に生まれたスーパーサラブレッドダイバーなのです!

 

3代にわたって飛び込み選手という飛び込み貴族みたいな家族に生まれた瞬間から凛さんの人生はほぼ決まったと言っても過言ではなかったようで、幼いころはトランポリンやバレエで姿勢を学び、小学1年生から1mの飛び込み版で遊ぶようになったんだとか。

 

そこからは一週間のうち7日全てが飛び込みの練習という生活になり、練習がきつくて辞めたくなる時ももちろんあるようですが他にやることもないから頑張っているそうです(笑)

 

友達とも学校以外で遊んだことがないという生粋のアスリートで、趣味はインスタを見たりたまに写真を投稿することだと話していました。

 

 

通っている中学は芸能人も多く通っている東京の日出中学校で水泳部があるのかは分かりませんが、恐らく自宅で練習するために勉強のスケジュールに融通が利く学校を選択したのだと思われます。

 

高校もそのまま日出高校に通い、東京オリンピックを目指すのは間違いないでしょうね!

 

出身地は東京身長150㎝、体重40kgというデータを見つけました。

普通に考えたらまだまだ子供と思ってしまいますが、このくらいの年代から既にオリンピックを意識するのは競技者にとっては当たり前なんでしょうね。

 

自分は昔「DIVE」という小説を読んで高飛び込みがどんな競技なのか知りましたが、10mもの飛び込み台から技を決めながら飛び込んで、さらに入水の際にスプラッシュ(水しぶき)を全く上げ無いようにしなくてはならないとても過酷な競技なんですよね。

 

少し姿勢が間違えば水面にもの凄い勢いで叩きつけられて大怪我になることもあるらしいので、いくら飛び込み一族に生まれたとはいえ3兄弟全員が選手を目指すというのは凄いなと思いました。

 

ここまで来ると血が騒いで勝手に飛び込み台に体が向かってしまったのかもしれませんね。

 

普通の子供のような遊びはできなくて大変でしょうが、それでも家族一丸でオリンピックを目指す姿勢は本当に素晴らしいと思います。

 

金戸凛さんはルックスも素晴らしくてとてもかわいいので、今回みたいにテレビで注目されれば東京オリンピックのアイドルになるかもしれませんね!

金戸凛の技や成績がヤバすぎる!!

 

では飛び込み一族の末っ子である金戸凛さんの実力の程はどれくらいなのか調べてみたいと思います。

金戸凛の得意技は世界で一人しかできない!?

 

飛び込みといったらやっぱりですよね!

 

ジャンプ台から降りて水面に着くまでの1.8秒の間に何回転もして華麗に技を決めるのはとても迫力があります!

 

特に金戸凛さんは女子選手で世界で彼女一人だけしか出来ない超大技を習得しているのです!

 

それが「5237D(後ろ宙返り1回半、3回半ひねり)」という技なのですが、これはお父さんの恵太さんがオリンピックで飛んだ技なんだそうです。

 

とてもドラマチックな展開ですね~。

 

残念ながら凛さんが飛んだ映像はなかったのですが、5237Dの映像はありました。

 

 

男子選手でさえ、決めたらこれだけの歓声が起きる技を女子で決められるというのはもの凄いですね!

これは東京オリンピックの金メダルも見えているのではないでしょうか?

 

金戸凛さんの飛び込み動画も一応貼っておきますね。

こちらは3mの飛び込みで厳密には飛板飛び込みというものらしいです。

 

金戸凛の大会成績は?

 

続いて金戸凛さんの大会成績ですが、こちらも物凄くて既に中学生を超えて、オリンピック代表に選ばれる年代の選手が出場する大会でも優勝を複数回しています!

 

13歳の時には飛び込みのワールドカップのための日本代表選考会で、3メートルの競技で300.5点を叩き出して見事を優勝。

 

今年の翼ジャパンダイビングカップでは3mの競技で連覇を達成し、さらに高飛び込み(恐らく10m)の部門でも先ほど紹介した5237Dなどの大技を決め初優勝を果たしています!(得点は2位に60点差以上の計339・7点)

 

さらに同大会の最優秀選手にも選ばれ、来年の世界水泳選手権の代表入りも夢ではないところまで来ています。

 

ここまで来たら恐らく東京オリンピックにも出場できる可能性はかなり高いのではないでしょうか?

 

15歳でこれだけの実力を持っていると、あのフィギュアスケートの浅田真央さんを彷彿とさせますよね?

 

3世代の飛び込み一族という話題性も相まって、彼女がオリンピックで国民的ヒロインになり高飛び込みが一気に注目されるなんてこともありそうで、今からとてもワクワクしますね!

 

練習や大会でとてもスケジュール的にとても大変だとは思いますが、是非頑張ってもらいたいと思います!

まとめ

 

今回は飛び込み一族に生まれ東京オリンピックを目指す高飛び込み選手の金戸凛さんの技や成績が凄い点についてと出身地や高校、身長などのプロフィール情報を調べてお届けしました!

 

やっぱり両親や兄弟などの家族構成は嫌でも目につきますよね。

 

2世代は良く聞きますが、3世代でしかも全員オリンピック選手とは。

 

さらに金戸凛さん自身の実力も素晴らしくて世界で一人しかできない技も習得しているとなれば、浅田真央さんクラスの知名度の女子スポーツ選手になる可能性も秘めているわけです。

 

本人は家族のことなどは特に気にせずあっけらかんとしているようですが、地元開催の東京オリンピックへの想いは相当強いみたいなので是非頑張ってもらいたいですね!

 

自分もかなり応援していきたいと思います!

 

今回も最後まで読んで頂きありがとうございました。