Sponsored Link

 

約70万部の大ヒット書籍「医者が教える食事術」の作者である牧田善二医師が今週の金スマに出演し、間違いだらけの食事の常識について解説してくれます!

 

医師の本がここまで大ヒットすることは珍しいと思うので、牧田善二氏について評判とwiki風の経歴を調べていきたいと思います!

 

その中で特に、ベストセラー書籍を出版しているということで本の印税や牧田医師の年収も気になるのではないでしょうか?

 

テレビにも何度も出演しているという事で医師の給与と合わせてもの凄い金額になっていると思うので、その点についても詳しく調査していきたいと思います!

 

また、筋トレをする人には馴染みの深いプロテインについて本の中でトンデモ説を唱えていたという噂もあるのでそちらも調査していきますね!

Sponsored Link

牧田善二医師の評判やwiki経歴!年齢や結婚(嫁)は?

牧田善二医師プロフィール

名前:牧田善二
年齢:61歳
生年月日:1957年
出身:北海道
大学:北海道大学医学部
高校:函館ラ・サール高校
職業:医師、ライター

 

略歴:

1979年 北海道大学医学部卒業
1979年 滝川市立病院内科研修医
1980年 北海道大学医学部附属病院研修医
1983年 苫小牧市立総合病院内科医師
1984年 町立栗沢病院内科医師
1989年 米国ロックフェラー大学研究員(ニューヨーク)
1991年 米国ピコワー医学研究所主任研究員(ニューヨーク)
1996年 北海道大学医学部講師
2000年 久留米大学医学部内分泌代謝内科主任教授
2003年 エー・ジー・イーAGE内科クリニック 開設
2008年 AGE(エージーイー)牧田クリニック 開設

 

牧田善二医師は北海道出身で、地元の函館ラサール高校→北海道大学医学部と進み卒業後は道内の病院で研修医として医者のキャリアをスタートさせました。

 

その後は米国への留学も経験し、大学教授を経て自らのクリニックを開設しています。

 

特に専門としているのが糖尿病で、これは完治させることが不可能と言われている病気ですが少しでも合併症の症状を和らげるために日々書籍やテレビなども利用して情報発信されているようです。

 

特に去年発行された「医者が教える食事術」という書籍は、2017年に発売後約70万部の大ベストセラー書籍となっており、糖尿病だけでなく肥満などに対する予防も学べる良書と評判になっています!

 

また、牧田善二医師の嫁や家族について調べてみましたが、プライベートな情報についてはあまり出て来ませんでした。

また分かり次第追記したいと思います。

牧田善二医師の評判は?

 

ではそこまで話題になっている牧田善二医師の本当の評判はどうなのでしょうか?

 

Amazonや楽天、Twitterなどで牧田医師の「医者が教える食事術」に対する口コミを調べてみましたが多くの好意的な意見が見られています!

 

 

 

 

40代女性40代女性

大変衝撃をうけました。
糖質は炭水化物……今まで見逃していた情報でした。
糖質を角砂糖に置き換えて考えるとわかりやすく頭にインプットされました。
この本を読んでから、買い物では炭水化物の表示チェックに時間をかけています。
人にも進めたくなる本でした。

40代男性40代男性

糖質の事が書かれてる本ですかね。私は読んでいませんが嫁が読んで良書と言っていました。糖質制限とジム通いで12キロ痩せました。180センチ62キロになりました。


普段あまり意識しない糖質などの数値を、この本を読むことで気にするようになり、結果的に痩せることに成功している方がたくさんいるようです。

 

ただ、一方で書かれている内容が煽りすぎですべてを実践するのは不可能という声もあり、数値を気にするあまりに逆にストレスを感じるかもしれないと言う方もいました。

 

その辺りについてもあくまで本人の責任と意識の問題で、糖質などの肥満や糖尿病の原因になる要素を最低限気にして生活する事の大切さに気付くという意味では庶民にも非常に分かりやすい良書となっています。

 

なので、健康を気にしている方にとっては呼んで損はない書籍となっていますね!

 

 

牧田善二医師の本の印税や評判は?

 

続いて牧田善二医師の収入について、本の印税と医師の給与も合わせた年収を計算していきたいと思います!

 

基本的に書籍の印税はどんなに大御所でも最大で10%、基本的には5%という数字が普通だそうです。

 

現在牧田善二医師の医者が教える食事術の発行部数は現在67万部と言われているので、本の料金約1500円×67万×5%で約5000万円もの印税があることになりますね。

 

しかも発売してまだ1年ですから、そのまま年収に加えられる数字となります。

 

本一つで稼ぎすぎですね(^^;

 

さらに牧田善二医師は自前のクリニックを営業している開業医ですから、これの収入も凄いことになっています。

 

開業医の平均年収は約2500万円とされていますが、牧田氏の場合はテレビ番組への出演や書籍の大ヒットで大きな宣伝効果が望めますから軽くこの数字の2倍はありそうですね。

 

さらに、テレビ番組の出演料や今までの書籍の印税も加わるので、最低でも1~2億円の年収となりそうです。

 

流石医者と感じるかもしれませんが、ここまでメディアを上手く使っている方も珍しいのでもはや実業家と言った方が正しいかもしれませんね。

 

何にせよ、もの凄い年収と印税の数値となるのは確かです!

牧田善二医師のプロテインに対するトンデモ理論とは?

 

牧田善二医師は提唱する食事法の中で、様々な大衆に馴染みのある食べ物を批判しています。

 

例えばバナナやメロンパンといった果物や菓子パンも糖質や血糖値という意味ではあまり良くないものだと指摘していました。

 

また筋トレをする方にはとても馴染みの深いプロテインも、基本的には良くないと書かれていました。

 

人工的に作り出したプロテインには、通常では考えられない量のタンパク質が含まれていて、それが腎臓に悪影響をもたらすという事でした。

 

筋肉を大きくしたい人はそのたんぱく質を求めてプロテインを摂取しているので、何とも言えないジレンマとなりますね。

 

 

ただ、牧田善二医師の書籍の内容は煽りが多いというレビューもあったように、あまりに全てを盲信しすぎるのも良くは無いと思います。

 

医者という肩書を使われていますが、あくまで利益を追求するビジネスマンなので自分の書籍やクリニックの売り上げを増やすために、多少大衆に馴染みのある食べ物を使って誇張表現をすることも充分考えられます。

 

ターゲットに馴染みの深い物に色んな形でアプローチして注目度を集めるのは、情報発信ビジネスの基本なのでそこまで強く気を使う必要は健康のためには無いと思いますね。

 

あくまで牧田善二医師の情報を参考にして、自分の判断で血糖値などをチェックしながら気を使うのが一番正しいと思います。

まとめ

 

今回は約70万部のベストセラー書籍の作者、牧田善二医師の評判やwiki風の経歴に本の印税と年収、プロテインのトンデモ説を検証・調査してみました!

 

テレビ番組に出演して宣伝をしているので、本の発行部数と売上はもの凄い数字になりましたね。

 

また、それによって印税と年収も圧倒的な物になっています。

 

評判ももちろんほとんどは良いものばかりなのですが、所々で厳しく見過ぎという声も見られましたね。

 

ダイエットのリスクとして数字にシビアになりすぎて逆にストレスで太ってしまうというのが定番なので、その辺りは自分の健康状態と相談しながらやっていくのが良いのではないかなと思いました。

 

今回も最後まで読んで頂きありがとうございました。