上智大学の教授でありジャーナリストでもある水島宏明教授が、とあるホテルに二重予約していたのに気付かずキャンセル料を求められたことに怒り、SNSでホテルを名指しで批判して炎上しているようです。

 

そのホテルがどこなのか名前と場所の詳細を調べたいと思います。

 

また水島教授はうさんくさいとよく言われているようで、その理由も調べていきます。

Sponsored Link

 

水島宏明教授の例のホテルはどこで名前は?

 

上智大学の水島宏明教授が自分のミスで二重予約になったにも関わらず、キャンセル料を取られたホテルを名指しで批判し大きな炎上騒動になっているようです!

 

水島氏は2018年8月20日、「泊まってないのに高額請求!? 旅行サイトの落とし穴 体験記」と題した記事をYahoo! ニュースの「個人」カテゴリへ寄稿した。

記事によれば、水島氏は上智大の担当ゼミナールの合宿で、学生12人を連れて東日本大震災の被災地を1週間にわたって取材した。その際、岩手県釜石市にある「ホテルルートイン釜石」に宿泊したという。

水島氏は当初、旅行予約サイト「エクスペディア」を使って、同ホテルを学生も含めて計13人分予約していた。だが、その後に予定が変わり、自らの分を除いた学生の予約はキャンセルすることに。これが、思わぬトラブルの引き金となった。

本人はキャンセル料が発生する以前の段階で、不要な予約を全て取り消したと思い込んでいた。しかし、宿泊後にホテル側から、計13人分のキャンセル料の支払いを求められてしまったというのだ。

いったい、何があったのか。結論から言うと、水島氏は「エクスぺディア」上で同じホテルを「二重予約」していたのだ。

引用:http://news.livedoor.com/article/detail/15206002/

 

 

この二重予約は水島宏明教授が旅行サイトの自分のアカウントで予約をする前に、スマホからログインしていないゲストアカウントで予約をしていたという事です。

 

それは電車の帰り道の中でやった記憶がおぼろげにあると記載しており、その時に入力したメールアドレスが間違っていたためにその予約の詳細を知らないまま放置してしまったという事のようです。

 

自分のアカウントではキャンセル料が発生する前にキャンセルできたのですが、そちらのアカウントでは当日キャンセル扱いとなり13人分の宿泊費の80%を要求されてしまったというのが事の詳細のようですね。

 

これに対してホテル側にクレームを入れたところキャンセル料が50%まで引き下げられたそうです。

 

しかし、水島宏明教授の怒りは収まらずネット上にそのホテルの実名を公開し、大きく批判。

 

それが「自分にも落ち度があるはずなのに実名批判はひどすぎる」として大きく炎上しています。

 

確かに水島宏明教授の気持ちも分からなくはないですが、13人分もの宿泊を予約するにしてはゲストアカウントを使ったりなどかなり安易過ぎだと思いますね。

 

電車の中でスマホでやるのだとしたら、しっかりと予約完了のメールを確認するのが普通だと思います。

 

なのでこれで実名批判されるホテルはたまったものじゃないですね!

 

そのホテルの詳細ですが、岩手県釜石市の「ホテルルートイン釜石」だそうです。

 

https://www.route-inn.co.jp/search/hotel/index_hotel_id_619

 

楽天トラベルの評価が5中4もあるのでかなり素晴らしいホテルだと思います。

 

こんな形で世に名前が大きく出てしまいかわいそうですが、むしろうまい宣伝に繋げてもらいたいですね。

 

水島宏明教授はうさんくさいと評判?

 

水島宏明教授のやらかしですが、実は今回だけでなく元々かなりうさんくさい人と言われていたようです。

 

その理由が水島宏明教授が出版した「内側から見たテレビ やらせ・捏造・情報操作の構造」という書籍のようで、この中でテレビの悪口をふんだんに書き込んでいるようなのです。

 

書籍自体は面白いと好評のようですが、「元々テレビマンだったくせに辞めたとたんに悪口を言いまくるのはどうかと思う」という意見をネット上でいくつか見つけました。

 

今回の騒動も言いたい放題書いておいて、いざ炎上したら取材拒否して逃げるというところが全く男らしくないですよね。

 

こういうところが多くの人が水島宏明教授はうさんくさいと感じる部分ではないでしょうか?

 

最近は中年以上のおじさんの不祥事ややらかしが多いですが、それだけ中高年のクレーマーやパワハラが多いという事なのでどんどんこういうニュースは大きく報じてもらいたいと思います。