エンタメ

桃田賢斗 バド日本男子初優勝!好マナーだけどカジノ賭博?

イケメンバドミントン男子選手として有名な桃田賢斗選手がバド日本男子初、世界選手権優勝の快挙を成し遂げたことが分かりました!

大会の詳細やファンの感想をまとめていきます!

桃田賢斗選手と言えば裏カジノ賭博で報道されたことがありますが、実は好マナーで多くの人から尊敬されているという噂もありますのでそちらについても調べていきます!

桃田賢斗 バド日本男子初世界選手権優勝!

1994年生まれで現在23歳の桃田賢斗選手がバド日本男子初のバドミントン世界選手権優勝という快挙を成し遂げたそうです!

第6シードから勝ち上がり、最後には第3シードの中国の石宇奇選手を打ち破り史上初の男子世界選手権優勝に輝きました。

第1ゲームは競り合う展開が続いたが、13―11から一気に8連続得点で突き放した。第2ゲームも11―7とリードして折り返し、そのまま逃げ切った。相手の攻撃を持ち味の守備力でかわし、総合力の高さで世界一の座に就いた。

実は桃田賢斗選手は以前話題になった日本男子バド選手の裏カジノ賭博問題の張本人で、今回の大会が復帰後初の世界選手権でした。

本人は大会前、

「世界選手権とか、五輪は特に意識していない。優勝したいとか考えていなくて、目の前の1つ1つを感謝の気持ちを忘れないで、全力で取り組んでいきたい」

と言っていたようですが、プレッシャーは半端なかったと思います。

そのプレッシャーに見事耐え抜き、快挙を成し遂げましたね!

[char no=”2″ char=”30代男性”]賭博問題の時に反省として髪を黒くした時、見た目直してもこれから結果出したり中身が伴わないと意味ないよなって思ってたけど、
今回の金はあれから真摯にバドと向き合ってきた結果だと思う。
おめでとうございます!これからもがんばってほしい。[/char]

[char no=”3″ char=”40代男性”]優勝は本当にすごい、謹慎など色々あったと思うけど、気持ちを整理して日々打ち込んだことでこの成績に繋がったのでしょう。東京五輪も期待します。[/char]

[char no=”7″ char=”40代女性”]よくここまで盛り返したよね。
若いときの過ちを努力で盛り返して、
凄いと思います。[/char]

ネット上でもこういった声が上がっており、不祥事は起こしてしまったもののそれをバド日本男子初という最高の結果で汚名返上をしたことは非常に称賛されているようです。

まだまだ若いので、過ちは認めて反省し、未来のためにこれからも頑張ってもらいたいですね!

桃田賢斗 バド日本男子初優勝は好マナーから!

この優勝から数日前に、桃田賢斗選手にとって裏カジノ賭博問題から復帰後初の世界選手権となった今大会で見せた好マナーの行いが問題に対する充分な反省をしているとして称賛されていたようです!

男子シングルスで3年ぶり出場の桃田賢斗(23=NTT東日本)が、格下のウクライナ選手を2-0で下し、好発進した。コートやショットの感触を確かめるだけでなく、相手側に落ちた球を拾うなど好マナーを披露。3年前よりひとまわり成長した姿で、日本男子初の頂点を狙う。

勝てばいい、とだけ思っていた過去の自分の言動を振り返り、丁寧におじぎすることで有名な奥原希望の「コートでのふるまいを見習いたい」と口にした。処分期間中、所属先の会社で働き、各地で子供たちに教えて学んだのは、多くの人に支えられ、応援してもらって初めて競技ができていたこと。何でもない球拾いに、その心の成長が詰まっていた。

結果だけでなく、態度や姿勢もきちんと正して今大会に臨んでいたようですね。

ほぼ確実にそういった好マナーな行いが今回の史上初の快挙に繋がっていることと思います。

過去の罪は消えませんが、今の行いや姿勢は高く評価されているのは事実のようです。

結果までしっかりとついてきて、これから桃田賢斗選手がどんな活躍をするのか非常にたのしみです!

桃田賢斗 バド日本男子初に繋がった裏カジノ賭博とは?

桃田賢斗選手が起こしてしまった裏カジノ賭博について知らない方のために詳細について調べてみました。

桃田賢斗選手ともう一人NTT東日本に所属していた田児賢一選手が東京都内にある裏カジノ(違法に運営されているカジノ)店に出入りしていたことを日刊スポーツが報じ、男子バドミントン界の大問題となりました。

元々は田児選手が反社会的勢力に所属する人間と繋がりがあったようで、2014年10月から2015年3月の間に10度も裏カジノ賭博を行っていたようです。

その田児選手の紹介という形で桃田賢斗選手もその裏カジノ賭博を行うようになり、それが週刊誌に乗ってしまい無期限の競技大会出場停止処分となってしまいました。

当時から日本男子バドミントン選手の期待のホープでしたが、当然リオデジャネイロオリンピックにも出場できずに終わってしまいまいた。

ですが、桃田賢斗選手の反省が十分伝わったと判断し、日本バドミントン協会は1年ほどで出場停止処分を解除。

2017年の5月ごろから順次大会に出場できるようになったのです。

有名選手になるとこういった誘惑があり大変そうですが、オリンピックでメダルを取るためにもきちんと節制して競技にこれからも臨んでもらいたいですね!

桃田賢斗選手のオリンピックを楽しみにしたいと思います!

関連記事



COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。