Sponsored Link

 

皆さんの中には、幼い頃パイロットに憧れた人はいませんか?

 

たくさんの乗客の命を預かり、大きな機体を操縦し空へと飛び立つ……パイロットは今でも子どもたちの憧れの職業の一つです。

 

そんなパイロットの夢を叶えた一人の女性がいます。

 

 

彼女の名前は『長瀧矢永子』さん。

彼女は格安航空会社として有名なジェットスター初の女性パイロットです。

 

笑顔が素敵な女性ですよ(^^♪

 

今回は長瀧矢永子さんのWiki風経歴や出身高校などのプロフィール、現在の年収についてをお伝えしていこうと思います。

Sponsored Link

長瀧矢永子(パイロット)のwiki風経歴&プロフィール!大学や出身地は?

長瀧矢永子のプロフィール

名前:長瀧 矢永子(ながたき やえこ)

生年月日:1994年生(24歳)

出身地:大阪府狭山市

出身大学:桜美林大学

職業:パイロット(副操縦士)

所属:ジェットスタージャパン

 

 

長瀧矢永子さんは大阪府狭山市出身。

幼いころから運動神経が良く、小学校の頃は水泳に取り組んでいました。

しかし、思うようには結果が出ず悩んでいた時に、若手パイロットの活躍の様子を描いたテレビドラマを見てパイロットを目指すようになりました。

 

 

長瀧矢永子さんが小学生の頃に流行っていたのは木村拓哉さん主演『GOOD  LUCK!!』でしょうか。当時、航空会社への就職希望者が急増したことでも話題になりましたよね(‘ω’)

 

 

長瀧矢永子さんの出身大学は桜美林大学です。

この大学では、パイロットとしての力をつけるために語学力強化の勉強や、海外での飛行訓練などにも力を入れています。

 

また、桜美林大学からの就職率も高くほぼ全員が各航空会社の副操縦士訓練士として就職しています。

パイロットを目指すなら、ぜひ選択肢に入れたい大学ですね。

 

 

長瀧矢永子さんは桜美林大学を卒業後、2017年にジェットスターに就職します。

 

そして、副操縦士への昇格を目指して訓練を積み、他の同期とともに副操縦士に合格したのです。

 

長瀧矢永子(パイロット)の年収は?

 

一般的にパイロットといえば、高収入!というイメージなのではないでしょうか?

 

ジェットスターでは日本国内線を運航する機体のパイロットは次のような収入だといわれています。

・機長   年収1500万円以上

・副操縦士 年収900万円以上

就業時間にもよると思いますが、少なくてもこの程度はもらえるということらしいです。

 

イメージ通り、かなりの高収入ですね。

 

 

しかし、航空機のパイロットは、たくさんの乗客の命を預かり空を飛ぶわけですから、高い技術を必要とされます。

 

語学力も必要ですし、昼夜問わず働く体力や、想定外の事を対処する冷静な判断力も必要です。

 

一般企業と比べるともちろん高収入ですが、仕事の多忙さや責任の重さを考えると、これでも少ないと思うパイロットも多いのではないでしょうか?

 

長瀧矢永子(パイロット)の出身高校はどこ?

 

長瀧矢永子さんの出身高校については情報がありませんでした。

 

しかし調べていくと、長瀧矢永子さんは高校生の頃、大阪府狭山市からアメリカの姉妹都市に派遣された短期留学生の1人に選ばれていたようです(^^)/

 

 

高校の中で選ばれたのではなく、狭山市の中で選出されたようなので、おそらく高校生の頃からかなり語学力が高かったことが分かります。

 

短期留学をして、ネイティブの人と実際に会話する経験は、パイロットを目指す長瀧矢永子さんにとっては、良い経験になりそうですね!

 

小学生の頃にパイロットに憧れてから、かなりの努力を続けてきたのでしょうね。

 

その努力が今こうして副操縦士として働き、結果に繋がっているのですから、本当にすごいことです。

 

まとめ

 

今回は長瀧矢永子さんのWiki風プロフィールや出身高校などのプロフィール、パイロットの気になる年収についてお伝えしました。

お分かりいただけたでしょうか?

 

そしてなんと!

フジテレビで12月11日放送される『セブンルール』という番組に長瀧矢永子さんが出演します!

ぜひご覧ください。

 

長瀧矢永子さんがテレビドラマを見てパイロットに憧れたように、彼女の事を知った女性が今後どんどんパイロットを目指していくでしょう。

性別関係なく、素質のあるパイロットがどんどん増え、わざわざ『女性』と付けることのないくらい女性パイロットが当たり前になっていくことを期待しています。

 

あなたもパイロット、目指してみませんか?

 

今回も最後まで読んで頂き、ありがとうございました。