速報ニュース

日大ラグビー部員が寮で大麻栽培?場所はどこ?稲城?

有名大学の日本大学でまた不祥事が発覚してしまいましたね。

ラグビー部の部員が大麻の所持で逮捕されたという報道が出ました。

日大といえば以前にアメフト部が不正タックルで大きな問題になりましたが、今回の件でさらに大学の評判が下がりそうです。

ちなみにこのラグビー部員は寮に入っていたという事で、この寮内で大麻を栽培していた可能性があります。

日大のラグビー部の寮について気になったので住所や大麻の栽培場所がありそうかなどを調べてみたいと思います!

日大ラグビー部の寮の場所はどこ?

まず今回、家宅捜索に入られた日大ラグビー部の寮の場所ですが、東京都稲城市内の日大ラグビー場のすぐそばにあるそうです。

稲城氏は東京都でありながらかなり自然が豊かな場所なので、大麻の栽培や隠し場所に事欠かないと思われます。

日大ラグビー部のガラが悪いという情報もあるため、非公に走っている部員も少なくなかったのかもしれません。

大麻の入手ルートは?ラグビー部寮内で栽培?

気になるのはラグビー部員がどのようにして大麻を手に入れたという事だと思いますが、大麻の栽培自体は比較的簡単にできるようです。

以前に北海道大学や早稲田大学の学生が大麻を敷地内で栽培していたという報道もあるため、全国的に不良学生にとっての娯楽として大学生の間で蔓延している可能性もあります。

ちなみに栽培する場合はこんな感じなるそうです。

これだけなら専門家が見ないと大麻かどうか全く分からないですよね。

敷地が広い大学内ならいくらでも隠せそうですし、大麻は大学生にとって相性がいい違法薬物なのかもしれません。

まとめ

今回は大麻での逮捕によって無期限活動休止になった日大ラグビー部の寮について場所や大麻が栽培可能なのかを調べてみました。

かなり自然豊かな場所なので、簡単に寮の近くで大麻を栽培できそうですね。

他の大学でも栽培していた例があるので、難しいとは思いますが警察にもしっかり取り締まってもらいたいと思います。

関連記事



COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。