Sponsored Link

 

本日、チェコプラハで開催されたオセロの世界選手権で福地啓介選手が優勝したというニュースが出ました!

 

なんと福地啓介選手はまだ11歳の小学5年生という事で、オセロ世界選手権優勝の最年少記録を大幅に更新したこととも報じられました。

 

しかもそれに関連して、福地啓介選手や他の世界選手権出場選手が搭乗したプラハからの帰りの飛行機内で機長の谷田邦彦さんが行ったスピーチが非常に感銘的だとTwitter上でかなりの話題になっています。

 

そのスピーチ内容と詳細、あとは谷田邦彦機長の簡単なプロフィールもお届けしたいと思います!

Sponsored Link

谷田機長の福地啓介くんへのスピーチが感銘的!

 

さっそく機内音声のスピーチを聞いていただきましょう!

 

福地啓介選手と他の世界選手権出場選手が日本へ帰るために乗った便の機長を担当していたのがこの機内音声を流した谷田機長です。

 

そしてまさかのこの方もオセロの世界選手権で優勝経験があるという事で、さらにそれまでのオセロ世界選手権の最年少記録の15歳という記録を持っていた方というのです。

 

もの凄い偶然ですね~

 

谷田機長は氏名を谷田邦彦さんと言い、同大会で1982年に15歳の若さで優勝していました。

 

その最年少記録を4歳も上回り36年ぶりに更新。

 

前記録保持者が機長を務める飛行機に新記録保持者が乗る偶然はもちろん、その更新されたことに対して少しも悔しいという気持ちがなく、ただただ喜びと共に機内に伝えてくれた谷田機長には非常に感動できますね!

谷田邦彦機長のプロフィールや顔写真

 

谷田邦彦機長のTwitterを見つけたので軽くプロフィールと共にお届けしたいと思います!

 

谷田邦彦機長のプロフィール

名前:谷田邦彦
年齢:50歳
生年月日:1967年1月25日
出身:愛媛県松山市
大学:学習院大学経済学部
職業:オセロ選手、航空機操縦士

 

谷田邦彦選手兼機長は愛媛県松山市に生まれで、高校時代の15歳の時にオセロ日本選手権で優勝し、さらに世界選手権でチャンピオンになっています!

 

学歴は中学から学習院中等科に通い、そのままエスカレーターで学習院大学の経済学部を卒業。

 

さらに難関の航空機操縦士(飛行機パイロット)の試験に合格し、ボーイング767の機長を経て現在はボーイング787の機長を務めているほどの逸材です。

 

大学中にオセロの書籍を2冊出版し、それからはパイロット養成のためにオセロから少し離れていましたが、最近はまたプレイし始めたそうです。

 

たくさんの才能を持っている人がこの世にはいるんだなと思えましたね(笑)

 

将棋は藤井プロがいますが、オセロも日本は強いという事で今回優勝した福地啓介選手もこれからかなり注目されると思います!