Sponsored Link

 

空前絶後のヒットを飛ばして話題となった「カメラを止めるな!」を撮影した上田慎一郎監督に作品のパクリ盗作疑惑報道が出ていたのはご存知でしょうか?

 

「カメラを止めるな!」の原案は元々別の団体が所有していてそれを上田慎一郎監督が勝手に使ったという話だったのですが、その後このパクリ盗作疑惑がその後どうなったのか調べていきたいと思います!

 

また上田慎一郎監督のプライベートな情報にも興味が出てきたので、妻や父親がどんな人なのかや年収やカメラを止めるなの収入なども詳しく調べていきますね。

 

今話題の時の人なので上田慎一郎監督について気になる方は是非こちらをご覧下さい!

Sponsored Link

上田慎一郎監督のパクリ盗作疑惑はどうなった?

 

上田慎一郎監督はご存知今年めちゃめちゃ話題になった映画「カメラを止めるな!」を撮影した監督です。

 

まず作品ついて振り返ると、カメ止めのストーリーはゾンビ映画を撮影中に本物のゾンビが襲来してしまうものの、それでもカメラを止めずに撮影を続けるというものですね。

 

制作費わずか300万円で有名な俳優もいないインディーズ映画でありながら、一部の上映館で限定公開されると口コミでたちまち広まりどんどん上映館の数を増やして行きます。

 

そうした口コミのみで国内で爆発的な人気を獲得した噂は海外にまで広まり数々の映画賞を受賞。

 

最大で上映館は全国200にも上ったそうです。

 

 

SNSの口コミ時代の申し子とも呼べる神作品を作った上田慎一郎監督ですが、残念なことにカメラを止めるな!にパクリ盗作疑惑が出てしまいます。

 

事の発端は上田慎一郎監督がこの作品の着想を得るきっかけとなった舞台「GHOST IN THE BOX!」を講演した劇団PEACEの代表である和田亮一氏が作品の著作権を主張したことにさかのぼります。

 

内容は舞台とカメラを止めるな!の内容やストーリーが酷似しているため、原作はあくまで劇団PEACEにあると和田氏考えていたようです。

 

実際に上田慎一郎監督は着想を得た事は認めていて、原案としてGHOST IN THE BOX!がクレジットされています。

 

しかし原作として認めてしまうと著作権料がかかる可能性があるため、そう表記していないことが今回の揉め事の発端となったようですね。

 

要するに作品が爆発的人気になったから著作権料をもらいたい和田氏とそこは譲りたくない上田慎一郎監督の対立構造になっています。

 

著作権次第ではDVD発売などもできなくなるので、かなり重要な問題でしたがこの件についてその後はどうなったのでしょうか?

 

 

実は週刊誌で盗作パクリ疑惑が出た後は全くその後の音沙汰がありません。

 

特にテレビで扱う事もなければ裁判になったという情報もなく、現状から推測すると和解したというのが一番可能性が高いでしょうね。

 

そもそも和田氏自身が公開直後は「全然別物になっていた」「あの頃作ってた作品がこんな感じで命を与えられてて、本当にうれしかった」と発言しているので予想以上に話題になったためにもうけの一部に欲が出たという事でしょう。

 

という事はある程度の金額を上田慎一郎監督が支払ってそのまま和解となった可能性が高そうです。

 

こういったパクリ盗作疑惑は大ブームになった作品には定期的に出てくるので、あまり気にするほどの事ではないのかもしれませんね!

 

というかそもそも設定やアイデアには著作権をかけられないので、元々主張が通ることはほぼ無かったと思いますが。

上田慎一郎監督の妻や父親の情報は?ブログがバズったの?

 

という事で上田慎一郎監督の盗作パクリ疑惑が何事もなく落ち着いたところで、続いて監督の妻や父親についてなどのプライベートな情報を追っていきたいと思います!

 

上田慎一郎監督の経歴ですが、滋賀県出身のなんとまだ34歳という事でかなり若いんですね。

 

中学時代から自主映画などを撮っていたようで、高校卒業後も映画関連の仕事を夢見て英語を学んだりしたものの詐欺にあって借金を抱えていたこともあったそう。

 

そのせいでホームレスとして生活したり25歳まではかなり苦労をしていたようです。

 

ただ、25歳になると改めて映画監督の夢を思い出し、自主映画団体『STUDIOMAYS』に参加。

 

そこから数多くの短編映画を撮り続けることになります。

 

その頃から映画祭で賞を取るなど実力もあり、2017年に満を持して撮影した初の長編映画「カメラを止めるな!」が爆発的大ヒットをしたという感じになっています。

 

 

34歳で若いと思いましたが高校卒業後は映画に全てを捧げてきた苦労人だったんですね。

 

そんな人が大好きな映画でこれだけの成功を納めたというのはとても尊敬できることだと思いました。

 

ちなみに詐欺にあって借金&ホームレス生活についてはそのままにせず度々ネット掲示板などの2ちゃんねるに書き込んでエンターテインメントとしていたそうです。

 

度々それで炎上していて、ワクテカなんてあだ名でも呼ばれていたそう。

 

やっぱり只者じゃないということがわかりますね(笑)

 

 

そんな上田慎一郎監督のについてですが、嫁さんも同じく映画監督だそうです。

 

ふくだみゆきさんと言ってこの方も上田慎一郎監督と同じように短編作品などをたくさん撮ってきた方みたいですね。

 

同じような仕事をして惹かれあったのでしょう。

 

実際にお互いの作品にプロデゥーサーや撮影などで関わっているそうで、今回のカメラを止めるな!の衣装やタイトルロゴも妻のふくだみゆきさんが担当しています。

 

また夫婦共同作品である「こんぷれっくす×コンプレックス」が2017年に公開されており、お互いに尊敬しあいながら仕事をしていることが良く分かりますね。

 

 

それから上田慎一郎監督の父親についても注目が集まっているようですが、その理由は父親のブログではなくFacebookに書き記したNOTEの内容が感動的だという事でバズったようです。

 

内容は上田慎一郎監督のお父さんが今回の大ヒットについての感想を書いたもので、努力が実を結びお母さんが喜んでいるので感謝しているという物でした。

 

上田 貞行 ますたーさんの投稿 2018年7月28日土曜日

 

やっぱり息子の作品がここまでヒットしたらそりゃ嬉しいですよね!

 

ちなみに上田慎一郎監督の父親の職業は美容師ということでした。

上田慎一郎監督のカメラを止めるな!の収入や年収は?

 

そんな「カメラを止めるな!」ですが興行収入がついに16億円を超えたという事で制作費300万円を考えるととんでもない爆益となっていますね!

 

さぞや上田慎一郎監督の懐に入る収入も凄い金額になりそうですが、なんとこういったインディーズ映画の監督はどれだけヒットしても元々の配分が変わることは無いそうです。

 

つまり制作費300万円の中に上田慎一郎監督の収入が入っているという事で、役者さんへの配分なども考えるとほとんど残らないと思われます。

 

では利益がどこに行くのかというと、映画を上映している配給会社や上映館ですね。

 

せこいような気もしますが、でもこういうヒットをすることで上田慎一郎監督の名前がめちゃめちゃ売れるので次の作品のギャラが上がるそうです。

 

なので全く無駄という事はないようなので良かったですね!

 

というよりもこれからの作品が重要になるという事で監督業はやっぱり大変だなと思いました。

 

と言うことで、上田慎一郎監督の収入は微々たるものですが年収はこれからどんどん上がっていくという事になります!

まとめ

 

今回はカメラを止めるな!で大ヒットした上田慎一郎監督の盗作パクリ疑惑のその後や妻や父親などのプライベートな情報に迫ってみました!

 

上田慎一郎監督の今回の作品の収入も書いてみましたがいかがでしたでしょうか?

 

盗作パクリ疑惑は特に問題にならなくて良かったですね!

 

著作権が認められると制作費の一部から支払われると思うのでとんでもないことになります。

 

まだ収入は少ない状態ですが上田慎一郎監督が今回で相当名前が売れたので、これからは高いギャラの中でメジャー作品を撮っていくことになると思いますね。

 

非常に楽しみです!

 

今回も最後まで読んで頂きありがとうございました。