Sponsored Link

 

くずもちの販売で有名な船橋屋の8代目社長、渡辺雅司さんが今週のカンブリア宮殿に出演されます!

 

元銀行マンという経歴で伝統と革新を融合させた彼にしかできない経営手法が注目されていますね!

 

そこで今回は渡辺雅司さんのさらに詳しい経歴とwiki風のプロフィールを調べていきたいとお思います。

 

既にご結婚されて嫁がいるのかや現在の年収に出身大学、あとは詳しい家族構成・子供の有無などのプライベートな情報も集めていくので、渡辺雅司さんに興味がある方は是非ご覧ください!

Sponsored Link

渡辺雅司のwiki経歴!出身大学や年齢は?

渡辺雅司のプロフィール

名前:渡辺雅司
年齢:54歳
生年月日:1964年2月16日
出身:東京都江東区亀戸
大学:立教大学
職業:船橋屋8代目当主

 

渡辺雅司さんは東京都出身の元銀行マンで、現在は実家の和菓子販売で有名な船橋屋の8代目当主(取締役)にとして勤務し、その革新的経営手腕が注目されている社長さんですね。

 

渡辺さんは立教大学を卒業したあとメガバンクの一つ「三菱UFJ銀行」に入社し、企業融資やトレーダーとしてのディーリング業務など超エリートコースを歩まれていました。

 

しかし、入社から7年後に尊敬していた祖父が危篤状態となり、その際に渡辺さんの父親である祖父の息子さんを経営者にそぐわないという理由でよそに婿養子に出してしまった苦悩を聞いたことで、自分の力を家業に役立てたいと考えるようになったそうです。

 

そして満を持して実家の船橋屋に入社し、2008年に8代目当主(代表取締役)に就任されました。

 

経営手法は元銀行員らしいとことん無駄を省くスタイルで、それまで完全に職人頼りで価格や勤務態度などがなあなあになっていた部分を少しずつ是正していくことで、収益の拡大に大きく貢献します。

 

2013年には3月期の売上高が16億円にのぼり、現在は新卒採用のエントリーにも16000人が集まるなど超優良企業として人気を博しています。

 

渡辺雅司さんの学歴は高校から立教だったようで、エスカレーターで立教大学にまで進学されていますね。

 

秀才で仕事もできるエリートで、現在の年齢は54歳ですがとても若々しい姿がカッコいいですよね!

渡辺雅司の年収は?

 

そんな船橋屋8代目当主、渡辺雅司のさんの年収はどれくらいあるのでしょうか?

 

船橋屋は社員数約200人の老舗和菓子屋トップに位置する企業です。

 

ただ社長の年収というのは一概に決まった物ではなく、生み出した利益の中からどれくらいを自分の年収にするのかはその社長毎に変わってきてしまいます。

 

3月期の売上が16億円とありましたが、これが年間売上なのか4半期の売上なのかも正確に分からないので年収予測が難しい状況になっています。

 

おそらく年商であると判断できるので、年収は2~3000万円程ではないかなと思います。

 

とても有能な方ですが、老舗和菓子屋もあくまで中小企業なので社員の給料を考えるとそこまでの年収にはならないと思われます。

渡辺雅司の結婚相手の嫁や家族、子供は?

 

最後に渡辺雅司さんの家族構成について調べていきたいと思います。

 

渡辺さんは既に結婚されていて24歳の娘さんと20歳の息子さんの二人の子供がいるようです。

 

こちらの写真は数年前の写真になりますが、家族4人が写っています。

 

 

お嫁さんもかなり美人ですが、渡辺雅司さんはやっぱりかなりイケメンで若々しいですね。

 

娘さんと二人で歩いてる時には彼氏に間違われることもあるとおっしゃっていて、実際に若さを保つために常に健康状態に気を使ってトレーニングをされているそうです。

 

こんなにカッコいい社長のお父さんがいたらきっと幸せでしょうね!

 

 

ところで息子さんは船橋屋を継ぐというのが基本線なのでしょうか?

 

実は確定では無いようなんです。

 

元々渡辺雅司さんのお父さんは別の家から婿養子として船橋屋一家に入ってきたらしく、その理由は船橋屋の長男が経営者にそぐわなかったからなんだとか。

 

ただ、長男として生まれれば継げるわけではなく、資質を見られるという事で、それが200年も続いている伝統和菓子屋の本質なのかもしれませんね。

まとめ

 

今回は今、老舗和菓子屋のトップを走る船橋屋の8代目当主、渡辺雅司さんのwikipedia風の経歴と大学や年収、結婚相手の嫁さんと子供について調査してみました!

 

伝統的和菓子屋には珍しい革新的な経営手法をいくつもとっていて、実際に渡辺さんが当主になってから年間利益が8倍になったそうです!

 

彼曰く、老舗和菓子屋こそチャレンジすべきだと語っていて、元銀行員という肩書ですが経営者の方が肌に合っているのかもしれませんね。

 

今後も渡辺雅司さんの伝統と革新を融合させた経営手腕に注目していきたいと思います!

 

今回も最後まで読んで頂きありがとうございました。