Sponsored Link

 

田臥勇太選手依頼日本人史上二人目のアメリカのプロバスケットボールリーグNBAの選手と渡邊雄太選手が今非常に注目を集めていますね!

 

アメリカ人にも負けない2m以上の身長に、スピードとパワーを兼ねそなている日本バスケが始まって以来の逸材という事で、渡邊雄太選手の経歴や出身高校に家庭環境(父親・母親)について色々と調べてお届けしていきたいと思います!

 

また、現在の所属チーム「メンフィス・グリズリーズ」との詳しい契約内容や年俸

あとは実際のアメリカ・海外からの評価についても調査していきますので、渡邊雄太選手の現在位置が気になる方は是非ご覧ください!

Sponsored Link

渡邊雄太の父親や母親や出身高校は?経歴&プロフィール!

渡邊雄太のロフィール

名前:渡邊雄太
年齢:24歳
生年月日:1994年10月13日
出身:香川県木田郡三木町
高校:尽誠学園高等学校、
大学:ジョージ・ワシントン大学
身長:206cm
体重:93kg
職業:プロバスケットボール選手

渡邊雄太の経歴と出身高校

渡邊雄太選手は香川県木田郡出身のバスケットボール選手で、史上二人目のNBAプレイヤーとなったもの凄い方です。

 

バスケは小学校1年生の頃に両親の影響で始め、中学生の頃には既に香川県選抜として全国大会に出場しています。

 

そして高校は香川の名門「尽誠学園高等学校」に進み、2年連続の全国準優勝&ベスト5を達成しました。

 

高校卒業後の進路はNBAプレイヤーを目指すために大学や社会人チームではなくアメリカ留学を決意。

周囲に反対されるも、史上初の日本人NBAプレイヤー田臥選手や両親にも後押しされ、米国の大学進学のためのプレップスクールへの留学が正式決定されました!

 

今はバスケの有力選手が高校卒業してすぐアメリカに行くのもそこまで珍しく無いようですが、これだけ有望選手が行くのは凄いことですよね。

 

スポーツは違いますが、現メジャーリーグの大谷翔平選手も高卒即アメリカを希望していたので、もう若い子にとっては国境の壁はほぼ無いと言って良いのでしょう。

 

特にバスケ選手となると、漫画スラムダンクの全国最強チームのエース沢北も高校在学中にアメリカに行っていたので、リアルスラムダンクって感じでカッコいいですね!

 

しかもプレップスクールのセント・トーマス・モア・スクールへの進学のための資金は、スラムダンク作者の井上雄彦さん創設したスラムダンク奨学金からねん出されたそうです!

 

ついにスラムダンク奨学金制度から待望のNBAプレイヤーが出たという事でバスケ業界はかなり盛り上がっているようですね!

 

 

プレップスクールでも選手としてプレーしてプレップチャンピオンシップ準優勝に貢献した渡邊雄太選手は大学リーグNCAA1部のジョージ・ワシントン大学に入学が決定しました!

 

同大学では途中怪我をした期間があるものの主力選手として活躍し、最終学年時はキャプテンを任されるほどの中心選手となりました。

 

そして大学卒業後はNBAのサマーリーグに出場し、そこでの活躍も認められNBAチームメンフィス・グリズリーズと2-way契約を結びます。

 

この2-way契約とは、NBAチームであるグリズリーズとその下部組織Gリーグのチーム(野球でいうマイナー)両方と契約するというような形式で、45日間のみではありますがNBAのチームに所属することができる制度です。

 

そして渡邊雄太選手は早いうちにチャンスを掴み取り、NBAの開幕5試合目のフェニックス・サンズ戦に出場登録されると4Q途中からプレイし2得点2リバウンドの活躍でNBAデビューを果たします!

 

これが田臥選手以来二人目の日本人NBAプレイヤーが産まれた瞬間です。

渡邊雄太の家族(父親、母親、姉)が凄い?

 

そんな待望の日本人NBAプレイヤー渡邊雄太選手は、家族がもの凄いことでも知られています。

 

父親の渡邊英幸さんは元社会人バスケットリーグ熊谷組ブルーインズの選手で、母親の久美さんはシャンソン化粧品に所属しリーグMVPも獲得したことがあるこちらもバスケット選手になります。

 

つまり両親とも実業団バスケットボール選手のサラブレッドという事ですね。

 

さらに雄太選手の姉の渡邊夕貴さんも日本バスケボール女子リーグの元選手と、バスケットボール一家に生まれた逸材という事になります。

 

そんな両親から才能を受け継いだ渡邊雄太選手の強みは何といっても206cmの身長がありながら、クイックネスにも優れ、ありとあらゆるプレー・ポジションをこなせるオールラウンドプレイヤーであることでしょう。

 

日本人で身長が2mを超えると、どんなスポーツにも限らず極端にスピードが落ちてしまうのが普通なのですが、渡邊雄太選手は低身長選手並みに動けます。

 

 

またダンクもブロックもリバウンドも得意で、まず間違いなく歴代最強の日本人バスケ選手なのではないでしょうか?

 

またお父さんの英幸さん曰く、アメリカに行ってからメンタルも日本人離れしていて、得点後にアピールをしたり、ベンチサイドのコーチから何か言われても言い返したりと自主性がとても養われているそうです。

 

やっぱり吸収力のあるとにかく若いうちからアメリカに行くのは、技術だけでなく色んな意味でメリットがあるという事なんでしょうね。

 

これだけの身体能力があれば必ずNBAで活躍してくれると思うので、期待して応援したいと思います!

渡邊雄太の現在の年俸や海外の反応・評価は?

 

続いて渡邊雄太選手の現在の契約状況について詳しく調べていきたいと思います。

渡邊雄太の年俸

 

先ほども書きましたが、現在の渡邊雄太選手とグリズリーズとの契約は下部組織Gリーグとも合わせた2way契約となっています。

 

この2way契約で得られる年俸ですが、残念ながら公表はされていません。

 

ただ75000ドル(約835万円)が最低保証されるという情報があり、これに加えてNBAチームのロースター枠(選手登録)に入った日数によって最高275000ドル(約3064万円)が加算されるようです。

 

渡邊雄太選手はシーズン開始5試合目で既にNBAに出場しているので、このままいけば確実に年俸1千万円以上は超えてくるのではないでしょうか?

 

ちなみに現在のNBA年俸最高額はステフィン・カリー選手の推定40億円となっています。

 

馬鹿みたいな数字ですが、バスケ選手は5人までしかコートに出れないので必然的に取り分が多くなるんでしょうね。

 

こちらのステファン選手は身長が191㎝で、2位のレブロンジェームス選手は203㎝となっていてどちらも渡邊雄太選手よりも小さいんですよね。

 

もちろんポジションなどの違いもありますし、身長だけで決まるものではないですが体格だけなら充分NBAクラスという事だと思います。

 

さらに渡邊雄太選手はスピードもあるので、もしかしたら将来的に年俸30憶なんてことにもなるかもしませんね!

渡邊雄太の海外の反応・評価

 

そしてNBAデビューをした渡邊雄太選手に対するアメリカ・海外の反応や評価ですが、現時点はかなり良いようです!

 

記者の方のTwitter上で、渡邊選手のスピンがファウルを誘発したことで評価されていました。

 

2m越えでこのスピードのスピンができたらそりゃNBA行きますね(笑)

 

さらにグリズリーズのビッカースタッフ監督もこのような言葉を試合後に残しています。

 

チームの一員として、チームメート、そして、一緒に働く人々と特別な瞬間を分かち合う。

一緒に過ごした時間はまだ短いですが、あんなにいい青年を見つけることはできない。伝えた役目は果たしてくれる。努力を惜しまない。感謝の気持ちも毎日忘れない。こういう場面を目の当たりにすることは喜びだ。チームメートも胸踊らせていたんだ

 

絶賛ですね!

 

他には、

 

I believe that he will be an indispensable player for Grizzlies. GO YUTA!!!!!

(彼はこの先グリズリーズに不可欠な選手になると思う!頑張れ!)

 

I hope he gets more playing time.

(もっと彼のプレイを見たい)

 

This guy is handsome. Dam.

(ハンサムな男だな、全く)

 

などなど、ルックス面も早速評価されて良かったですね!

 

あと大谷翔平選手の「SHO TIME!」(ショータイム)をもじった「YU TIME!」という言葉も見つかるなど、アメリカで既に受け入れられ、これからスターになれる要素はそろっていると思われます!

 

こういったアメリカの4大スポーツでスター候補の日本人選手がたくさん出てきてくれたらスポーツ界の盛り上がりはヤバいことになりますね!

まとめ

 

今回は日本人史上二人目のNBAプレイヤー渡邊雄太選手の家族(父親や母親)と出身高校、あとは現在の年俸と海外の評価を調べてみました!

 

これだけの逸材が日本人で出てきたのは本当にすごいことだと思うので、もっとメディアもたくさん扱って欲しいですね!

 

大谷翔平選手と渡邊雄太選手の2大米国プレイヤーで日本のスポーツ界を席巻してもらいたいと思います!

 

今回も最後まで読んで頂きありがとうございました。