Sponsored Link

 

Jリーグのヴィッセル神戸に所属するブラジル人FWウェリントン選手が起こした乱闘退場動画が今話題を呼んでいるようです!

 

審判から受けたレッドカード退場に不服を申し立てている最中に仲裁に入ってきた対戦相手、清水エスパルスのGKである六反勇治選手を突き飛ばしてしまい乱闘になりました。

 

その時の六反選手の突き飛ばされ方が完全に柔道の上手投げ状態だったこともあり、面白ネタとしても炎上し?ているようです(笑)

 

ですが、このウェリントン選手の乱闘の原因はちゃんとあり、エスパルス側から投げ込まれたペットボトルという情報があったので今回の事件の真相を調べてみたいと思います!

Sponsored Link

ウェリントン選手(神戸)が乱闘退場!六反への柔道・上手投げが面白すぎるww

 

ウェリントン選手はブラジル出身のサッカー選手で現在はあのイニエスタ選手が所属していることで有名なヴィッセル神戸の一員です。

 

本名はウェリントン・ルイス・デ・ソウザという名前で現在30歳ですね。

 

事が起こったのは11月24日の清水エスパルス戦で、ウェリントン選手がレッドカード退場処分を審判から受けそれに不服を申し立ている時でした。

 

相手チームのゴールキーパー六反勇治選手が彼をなだめに来たのですが、何らかの理由で激高していたウェリントン選手はそれでブチ切れてしまい、六反選手を後方に投げ飛ばしてしまったのです!

 

しかもその投げ飛ばし方が完全に柔道や相撲で使われる「上手投げ」だったことから、かなりネタ要素としても現在バズっていますw

 

実際のウェリントン選手の上手投げ動画がこちらです。

 

 

 

本当に綺麗に決まっていてまるで柔道や相撲みたいですね!

 

やられた六反選手には本当に気の毒なのですが、あまりにも綺麗に決まりすぎていて最初見た時に自分は爆笑してしまいました(笑)

 

その後は大きな乱闘騒ぎに繋がってしまったようで、こんな感じになっていたようです↓

 

 

まぁスポーツの試合は乱闘騒ぎもエンターテインメント・楽しみの一種ですからね。

 

その中でもかなり面白い動画なので、スポーツバラエティーなどで何度も珍プレーとして流れそうな予感がしますw

ウェリントン乱闘の原因はペットボトルだった?

 

では、なぜウェリントン選手は六反選手に上手投げをしてしまうほど激高していたのでしょうか?

 

やはり審判のレッドカード退場判定について相当不服があったのだと思いますが、調べてみたところどうやら原因は清水エスパルス側にあったようなのです。

 

清水エスパルスのスタッフが先にピッチに何故かペットボトルを投げ込み、それに対して抗議したウェリントン選手をさらに突き飛ばしていたのです。

 

それに怒ったウェリントン選手が小競り合いとなり、最終的に2枚目のイエローカードが出て退場処分。

 

それをなだめた六反選手が上手投げを食らったというのが真相のようです。

 

その証拠となる動画がこちらです。


つまり先にエキサイトしたのも手を出したのもエスパルスベンチと言う事になりますね。

 

このせいでウェリントン選手がさらなる処分を受けるのは不当だと思います。

 

スタッフ側は手を出して例え退場しても特に問題はないのに、挑発行為をするのはフェアでは無いですね。

 

この真相部分もしっかりと考慮してJリーグには判定をしてもらいたいと思います。

 

ちなみにウェリントン選手と投げられた六反勇治選手は両方とも元アビスパ福岡の同僚だったようなので、あまり大きな確執にならないといいですね。

 

気心知れてるかた投げたとかは流石にないでしょうか。

 

 

今回はウェリントン選手の六反選手に対する柔道・上手投げ乱闘退場動画を紹介しました。

 

原因はエスパルス側が投げ込んだペットボトルという事で、彼は悪くないような気がしますね。

 

Jリーグ機構には適切な処分をしてもらいたいと思います。