TBSの美人女子アナの山形アナミスコン燃え尽き症候群であったことをバラエティー番組で告白し話題になっていますね!

 

山形純菜アナは美人で有名ですが燃え尽き症候群とはどいう事なのでしょうか?

 

また実は下ネタ好きな性格という噂もあるので調査していきます!

Sponsored Link

 

山形アナ ミスコン燃え尽き症候群って何!?

 

TBSの美人女子アナの山形アナこと山形純菜さんがテレビ番組でミスコン燃え尽き症候群であることを告白していました。

 

TBS入社前の学生時代、高校の頃から様々なミスコンを総なめにしてきたようですが、実はそこには深いコンプレックスと悩みがあったというのです。

 

山形アナは大学3年だった2016年にミス・インターナショナル日本代表に選ばれ、その後、TBSに入社した。高校時代にも「ミス盛岡第三」、実践女子大学在学中には、ミス・インターナショナル日本代表のほか、1年「ミス実践女子」、2年で東京、大阪、福岡の大学ミスのトップ「Miss of Japan」に選ばれており、女性雑誌「JJ」のモデルも務めていた。

入社2年目で前途洋々に思われるが、上司の面談で「これからどんな仕事がやりたいのか?」と聞かれ、「何もありません…」と答えたという山形アナ。

「何のために生きていいのかわからない。ミスコンに出始めたきっかけも、自分に自信がなくて、何か称号を得ないと、認めてもらえないみたいな思いがあった。アナウンサーとして仕事を始めて、何が成功なのか、明確に分からないんですよね。元から出たいタイプじゃないのに、アナウンサーになってしまったなって」と告白。

元ミスのスキャンダルや結婚など、他のミスの行く末が気になるといい、共演者から「ミスに取り憑かれてる…」とのツッコミに「ダメだもう…」とガックリ。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180815-00000109-spnannex-ent

 

 

 

 

どうやらステータスや称号にとりつかれ、様々なミスコンを荒らして鳴り物入りでアナウンサーになるも現在は目標もなくミスコン燃え尽き症候群になってしまっているというのが詳細のようです。

 

番組で共演したくりぃむしちゅーの有田さんからも、「安定した仕事のあるアナウンサーより女優やタレントの方が良かったんじゃない?」と聞かれて言葉に詰まるなど、かなり図星を突かれたようです。

 

仕事については向き不向きあると思うので、あまり縛られず柔軟に仕事を選んでもらいたいですね。

 

山形アナ ミスコン燃え尽き症候群に対する世間の反応

 

 

 

 

20代男性20代男性

かなりマイナスポイント稼いでしまったと思う。

30代男性30代男性

小さな幸せを感じられないとは可哀想だね。

60代男性60代男性

キー局に入社できたのにそれはないでしょう。

20代女性20代女性

ぜいたくな悩みに聞こえました。

40代女性40代女性

そういうのはいいからまずはアナウンサーとしての仕事をしっかりやってほしい

キャラ設定とかどうでもいいんだよ、タレントじゃあるまいし

30代男性30代男性

今の自分が幸せだと気づかないなんて、可愛そうだね。一度下まで降りてみてくればいいね。そしたらわかるよ

20代男性20代男性

華やかな世界に、それこそ”闇”を垣間見て心がついて行けて無いのかもしれない。一般人のお嫁さんになって普通の幸せがいいのかもな

 

ネット上ではこの山形アナのミスコン燃え尽き症候群に対して、どちらかというと「贅沢過ぎる」という否定的な見解が目立っているように思いました。

 

しかし、仕事の空気感が合うかどうかはその人に人生にとって大きな問題だと自分は思います。

 

「アナウンサーになれたからそれで満足しろ」というのはともすれば人権否定にも当たると思うので、山形アナはなるべく自分が一番輝かれる仕事に就いてもらいたいと思いますね。

 

アナウンサーも一応人気商売ですし、それで知名度が上がればフリーアナになってタレントのようにちやほやされることを目指すことも出来るのでくじけずに頑張ってもらいたいですね!

 

山形アナ ミスコン燃え尽き症候群だけど実は下ネタ好き?

 

そんな山形アナですが清純なイメージだけど実は下ネタ好きでは?という噂が立っているようです。

 

人気番組「今夜くらべてみました」に出演した際、大学時代の彼氏の話になった時に普通に下ネタを話していたんだとか。

 

当時はめちゃめちゃモテて誕生日にバラの花束をもらうほどだったようですが、肝心の下ネタの中身についてはネット上にはありませんでした。

 

映像があれば確認できるのでしょうが、また分かり次第お伝えしたいと思います!