Sponsored Link

 

東大卒の弁護士でありながら美人タレントとしても活躍している山口真由弁護士両親や妹について注目が集まっているようです!

 

山口真由さんはハーフとの噂ですが、両親のうちどちらかは外国人の方なのでしょうか?

また医師をしているという噂もあるので調査したいと思います。

 

妹さんも美人ハーフという事らしいので画像などないかも調べてみますね。

 

それから山口真由弁護士はハーバード大学ローススクールに通っていたほどの秀才で、その英語勉強法が書籍になるほど注目されています。

 

特に英語の勉強法が気になるのでその詳細についてもお届けしたいと思います!

 

そうなると出身高校も偏差値がかなり高い高校になりそうなので、どこの高校なのかも調べていきます!

Sponsored Link

山口真由弁護士の両親が医師?妹の顔写真は?

 

山口真由弁護士は1983年生まれの35歳で、現在美人ハーフタレントとして度々バラエティー番組などに出演されています!

 

その経歴が凄かったので、まずは山口真由弁護士のこれまで略歴を確認していきましょう。

 

 

山口真由弁護士はかなり秀才で東大法学部在学中の3年時に超難関といわれている司法試験に合格し、さらに4年時に国家公務員採用Ⅰ種試験にまで合格しています。

 

その優秀さから「法学部における成績優秀者」総長賞まで受け取り、当然東大法学部も首席で卒業しました。

 

卒業後は財務省に入省しますが3年ほどで退職し、その後は弁護士として活動しています。

 

2015年の32歳の頃にはハーバード大学院ロースクールに留学し学位を取得後、さらに去年東京大学大学院に通い始めて博士号を取得しようとしています。

 

それでいてハーフの美しいルックスから度々バラエティー番組などにも出演し、それで得た知名度を利用して書籍を何冊も出版しています。

 

と、このようなもの凄い経歴を残しています。

 

 

ここまで来ると経歴が凄いというかもはや学歴、資格マニアですよね(笑)

 

なぜ山口真由弁護士がここまで学歴や資格に拘るようになったのかというと、尊敬する母親のアドバイスがきっかけでした。

 

小さいころから「女性は資格のある仕事で生きていくのが幸せ」と教えられ、そのための完璧な環境を用意してもらっていたそうです。

 

実際にそれを活かして現在大きな仕事にいくつも繋げているのでただただ驚愕するしかありませんね。

 

 

そんなここまで優秀な人物を育てた母親を含む両親はどんな方なのか気になって調べてみたところ、母親・父親共に医師という事で半端ない家庭環境の中で育ったようです。

 

さらに美人のがいるのですが、彼女も医師をしているらしくエリート両親によって育てられたスーパーエリート姉妹となっていますね。

 

山口真由弁護士の妹さんは度々ブログに登場しています。

 

妹さんの顔写真はこちら↓

http://www.mayuyamaguchi.com/archives/1058378974.html

 

妹さんもめちゃめちゃ美人ですよね。

 

山口真由さんと妹さんは顔がかなり濃い感じなのでハーフでは無いかと言われているようですが、両親の一人が外国人の方だった場合、日本で医師ができるか分からないのでハーフではない可能性が高そうですね。

 

両親も妹も秀才で、かつハーフと間違うほどの美貌を持っている山口真由弁護士がここまで知名度が高くなるのも納得ですよね!

山口真由弁護士の出身高校は?

 

東大法学部に合格した山口真由弁護士の出身高校が気になったので調べてみました。

 

山口弁護士は北海道出身らしいので北海道の進学校かと思ったのですが、違うようです。

 

山口真由弁護士の出身高校はこちらも超難関国立高校の 筑波大学附属高等学校で、偏差値は余裕で70を超えています。

 

筑波大学付属は関東にあるので、なんと高校から両親の元を離れて横浜の祖母の家に引っ越していました。

 

山口護士も流石に15歳で親元を離れるとホームシックになったようですが、それが逆に彼女の自立を促しここまで優秀な女性に成長させたようです。

 

高校ではサッカー部のマネージャーになり、勉強もしっかりこなして見事東大法学部に合格。

 

ご両親の期待にしっかりと応えましたね!

山口真由弁護士の勉強法がやばい!英語が特に?

 

そんな超秀才で東大やハーバードに合格した山口真由弁護士の勉強法には当然注目が集まっているようです。

 

これまで「東大首席弁護士が教える超速「7回読み」勉強法」や「東大首席弁護士が実践! 誰でもできる<完全独学>勉強術」といった勉強法にまつわる書籍を複数出版しています。

 

バラエティー番組などにも出演して告知しているので、売れ行きはかなり良さそうですね!

 

 

自分的には東大や司法試験はもちろんですがハーフでないにも関わらずハーバード大学に通うほどの英語を身に付けた勉強法が気になりますね。

 

実際、暗記は大の得意分野のようで英語の勉強法は書籍にもなっている超速「7回読み」勉強法が肝になっています。

 

これは単純に参考書や教科書などをさらさらと読むという作業を7回も繰り返すとその内容のほとんどを暗記できるという勉強法のようです。

 

「本当か?」と思いましたが、実際にこの本を読んだ方々からの評判はかなり良いようで、同じことをして英語の勉強でかなりの高得点を取ることが出来たという人も。

 

 

何でも元々参考書というのは著者が読者のために重要なポイントをまとめてくれているので、これを使ってさらに自分でまとめノートなどを作るのは時間の無駄という考え方を山口真由弁護士は持っているようです。

 

つまり勉強は参考書を繰り返し読むのが最も効率が良いという結論が出たわけですね。

 

それで実際にあれだけの学歴を手に入れているので、一定の効果は期待できるのは間違いないのではないでしょうか?

 

自分も参考にして見たいと思いました!

 

山口真由弁護士の勉強法が学べる書籍はこちら↓

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

東大首席が教える超速「7回読み」勉強法 (PHP文庫) [ 山口真由 ]
価格:691円(税込、送料無料) (2018/9/24時点)

 

楽天で購入

 

 

まとめ

今回は今話題の山口真由弁護士の両親や妹が医師であること、出身高校や英語の勉強法についてお届けしてきました。

 

圧倒的な学歴と資格に本当に驚きましたが、勉強法などの話を聞いているととにかく効率を重視している方のようで、なんとなく納得してしまいました。

 

やっぱり何ごともただがむしゃらこなすだけでは成功するのは難しいという事なんでしょうね。

 

全ての人にとって時間は平等なので、後は無駄な時間をどれだけ省けるかで成果に差がつくというお話は確かに理に適っていると思います!

 

また新しい書籍が出たら読んでみたいと思いました。

 

今回も最後まで読んで頂きありがとうございました。