Sponsored Link

 

今週のマツコ有吉のかりそめ天国に人形浄瑠璃文楽の人間国宝である吉田和生さんが出演されると噂になっているようです!

 

人形浄瑠璃文楽と言えば三味線に合わせて人形を動かし一人で何役もこなして物語を成立させる主に大阪で発展してきた伝統芸能ですね。

 

2017年にその文楽で人間国宝に選ばれた吉田和生さんについてwiki風の経歴やプロフィールなどの基本情報を調べてお伝えしたいと思います!

 

人間国宝吉田和生さんの顔写真や本名、嫁や子供などの家族構成はどんな感じなのか?

 

人形浄瑠璃文楽として活動されている吉田さんの年収や収入はどれくらいなのか?

 

人間国宝について気になる情報をまとめていくので、是非ご覧ください!

Sponsored Link

吉田和生(人間国宝)のwiki経歴!顔写真や本名は?

吉田和生のプロフィール

名前:吉田和生
本名:荻野恒利
生年月日:1948年7月28日

年齢:70歳
出身:愛媛県西予市野村地区
職業:人形浄瑠璃文楽人形遣い

肩書:人間国宝

略歴

現吉田文雀(人間国宝)に入門、吉田和生と名のる。’

68年4月初舞台。’81年、’87年因協会奨励賞、’91年文楽協会賞、’92年国立劇場文楽賞文楽奨励賞、2000年因協会賞、
’04年大阪文化祭賞受賞。

 

吉田和生さんは人形浄瑠璃文楽の人形遣いで2017年に人間国宝にも選ばれた偉大な文化人の方ですね。

 

2016年に亡くなってしまいましたが、師匠の吉田文雀さんも人形浄瑠璃文楽の人間国宝という事で、しっかりと伝統や技術を受け継がれているという事が分かります。

 

吉田和生さんの本名は荻野恒利さんと言い、実は全く人形浄瑠璃文楽とは関係の無い家庭に生まれたそうです。

 

元々愛媛県西予市野村地区で高校まで過ごし、卒業後大学に行くよりも手に職を付けたいと思い京都で職業見学をした事をきっかけに後の師匠の吉田文雀と出会いました。

 

そこから吉田和生さんの人生は一変します!

 

19歳で伝統芸能世界に入ったわけなので最初はかなり大変だったと思いますが、師匠やおかみさんにとても良くしてもらい最高の環境で芸を磨くことができ、「吉田和生」としてデビュー以降は、師匠譲りの登場人物の心理や内面を表現する芸で人形浄瑠璃文楽の第一人者と呼べるまでにまでになりました。

 

2016年に恩人である師匠を亡くしてしまうも、翌年その師匠も選ばれた人形浄瑠璃文楽の人間国宝に任命されています!

 

完全に吉田文雀さんの全てを受け継いだのでしょうね。

 

そして現在は年齢が70歳になりますが、いまだに現役で舞台に立ち続けています。

 

そんな吉田和生さんが今週のかりそめ天国に出るようですが、文楽関係者がNHK以外に出演されるのは異例という事なので非常に楽しみです!

 

レポーターの狩野英孝さんと一緒に撮られたお写真などはこちらです↓

 

吉田和生(文楽人間国宝)の年収はいくら?

 

ここからは吉田和生さんの年収がについてお届けしたいと思います!

 

伝統芸能役者で人間国宝に選ばれた方がどれくらいの収入なのか邪推かもしれませんがかなり気になりますよね!

 

調べてみたところまず人間国宝に選ばれた方は、文化・伝統・技などの発展の助成金として年間200万円程頂けるようです。

 

ただ、こちらは国家からの助成金なのでしっかりと使用した用途などを報告しないといけないみたいですね。

 

なので私用には使えないようですが、その分の本業の収入から経費が浮くので年収200万円プラスと考えても問題無さそうです。

 

 

そして本業の人形浄瑠璃文楽の方の予想年収ですが、はっきりとは分かりませんがかなりのベテランでも400万円ほどとなっているようです。

 

やっぱり伝統芸能というのは収益性を重視してやるものではなく、長い昔からの伝統を未来に伝えるための物でしょうからそこまでお金に繋がるものではないんでしょうね。

 

大々的に広告など打てればまた違うんでしょうけど、伝統芸能でそこまでやられているとはあまり聞きません。

 

若手などは月収10万円程度しかもらえず、ほとんどが道具代に消えてかなり生活が苦しいようです。

 

国主導で助成金などを出しているようですがまだまだ厳しいみたいなので、そう言った伝統芸能をもっと発展させるような民間企業が出来るといいのではないかと思いました。

 

という事で吉田和生さんの年収は大体600万円~という感じになりそうです。

 

伝統芸能といえども、長く努力を続けている方にはもっとお金が届くようになると良いですね!

吉田和生(文楽人間国宝)の嫁や子供などの家族構成は?

 

最後に吉田和生さんの嫁・子供などの家族構成を調べてみたいと思います。

 

ただ、吉田さんの家族に関する情報はほとんど出て来ませんでした。

 

恐らく結婚されていないという事は無いと思うのですが、伝統芸能に関する情報でネットに出ているものはまだまだ限られているようです。

 

ですが、現在は兵庫県の芦屋市という高級住宅街に住まれているという事は分かりました。

 

住宅地に一人で住まわれることはあまりないでしょうから、恐らくお嫁さんとお子さんと幸せに暮らしていると思いますね。

 

こちらについてはまた情報が分かり次第追記していきたいと思います!

まとめ

 

今回は日本の伝統芸能である人形浄瑠璃文楽の人間国宝、吉田和生さんについてwiki風の経歴プロフィール(本名・写真・出身)や年収、嫁・子供などの家族構成について調査してみました。

 

いかがでしたでしょうか?

 

自分はやはり何百年も昔から続いている伝統芸能を未来につなぐために仕事をされている方々は素晴らしいなと思いましたね!

 

ただお金のためにやっているわけではないと言っていても、若手の育成などかなり大変だと思いますのでトップの方が年収があれくらいの額というのは少し寂しいですね。

 

あくまで文楽の発展のためにもっと興行的な側面を強化されても良いのかなと思いました。

 

最近弟子もとられたという事で、これからも人形浄瑠璃文楽の伝統に貢献して頂きたいと思います!

 

今回も最後まで読んで頂きありがとうございました。