大人気女優の石原さとみさんと熱愛が報じられた前田裕二さんの宗教に関して注目が集まっています。

 

石原さとみさんは創価学会の信者と言われていますので、結婚するために前田裕二さん入会するという噂がありますが本当のところはどうなのでしょうか?

 

また社長の年収や資産も気になりますのでその辺についても調べていきます!

Sponsored Link

 

前田裕二社長の宗教は石原さとみの創価学会?

 

SHOWROOM株式会社を経営する前田裕二社長は2018年に彗星のごとく世間に名前が知れ渡るようになりました。

 

その理由はもちろん、超有名女優である石原さとみさんとの熱愛報道です。

 

石原さとみさんそれまで公開報道がされていたジャニーズの山Pこと山下智久さんの破局が報じられてしばらくたった2018年5月、沖縄である男性と旅行をしている事を週刊文春が報じました。

 

 

お相手は、アイドルを中心とした生配信サイトshowroomを運営し今乗り乗っている前田裕二社長です。

 

石原さとみさんは俳優やアイドルとの熱愛報道が多かっただけに、ここにきてIT企業の社長という事で世間に大きな衝撃をもたらしましたね。

 

同時期に同じく女優の剛力彩芽さんと通販サイトZOZOタウンを運営する前澤友作さんの熱愛報道もされていたので、それとの関連からかなりバズったニュースでした。

 

 

前田裕二社長は実はかなりの高学歴エリートで超難関と言われる早稲田大学政治経済学部を卒業しUBS証券会社に入社します。

 

そして学歴や就職後数年の功績が評価され、ニューヨーク支部でセールスアドバイザーに従事。

 

万全なキャリアを積んでいた前田裕二さんですが、4年で同社を退社してしまいベンチャー企業である株式会社DeNAに転職します。

 

実はこの転職前から前田裕二社長はDeNAに縁があり、大学卒業後の就活で同社から内定をもらっていたのです。

 

その最終面接で前田裕二社長はDeNAのCEOである南場社長と対面で話をしたのですが、その際の前田社長の生い立ちや生きるモチベーションに南場社長が心を動かされ、是非入社をするよう勧めたそうです。

 

その時は前田裕二社長の金融分野への希望もあってDeNAに就職するには至らなかったのですが、なんとそれからも南場社長と個人間でメールをするような仲だったようです。

 

それから数年後ニューヨークで働く前田裕二社長の心に起業したいという思いが生まれました。

 

ただ、まだ若く起業のノウハウもない彼は既に事業で大きな成功をしていた南場社長に相談し、DeNAで起業について学ぶことを勧められたそうです。

 

そして2013年に晴れてDeNAに入社。

 

南場社長からしてみれば5年がかりで前田裕二社長を口説き落としたという事になります。

 

数百億の利益を上げている会社の社長にそこまでさせる程の才能とパッションが前田裕二社長にはあったという事ですね。

 

そんな部分に石原さとみさんも惚れたのでしょうか?

 

その後前田裕二社長は誰でも気軽にライブ配信ができるサイトshowroomを立ち上げ、大きなヒットコンテンツとなりました。

 

 

そんな才能あふれる前田裕二社長ですが、石原さとみさんと付き合う事によってある宗教についての注目が集まっています。

 

それが創価学会ですね。

 

石原さとみさんは元々創価学会の信者である可能性が高いと報道されていました。

 

石原さとみさんの父親が創価学会の地方支部の幹部で働いており、母親が仏教系の聖教新聞で働いているようなのです。

 

その証拠に石原さとみさんの学歴は創価小学校、中学校、高校となっており、石原さとみさん自身が創価学会の信者である可能性は相当高いものとなっています。

 

となるともし仮に前田裕二社長が結婚を望んでいるのだとしたら、その宗教における規則や慣例に従う必要が出て来ます。

 

創価学会の場合、結婚相手が信者である必要はないらしいですが、特定の集まりなどには基本的に参加をする必要があります。

 

一説によると前田裕二社長が石原さとみさんと共に創価学会の会合に出席していたというニュースもあるので、もしかしたら既に結婚に向けて本人たちが動き出している可能性が高いですね。

 

前田裕二社長はもう31歳なので、石原さとみさんと共に結婚を考えてもおかしくありません。

 

もしかしたら、創価学会からしても前田裕二社長の圧倒的なビジネスの才能をかなり魅力的に思っており、積極的にその方向に動き出している可能性もありますね。

 

まぁこれら全てあくまで可能性の話なので真相は分かりませんが。

 

という事で前田裕二社長の宗教については、創価学会に入会したかどうかは微妙という事でした。

 

ただ結婚を考えているとすると入会しないまでも、大きな理解を示している可能性があるという事ですね。

 

前田裕二社長の年収・資産がヤバい!?

 

そして前田裕二社長について次に気になるのがやっぱり年収や資産などのお金に関する部分ですよね。

 

前田裕二社長のshowroomは元々DeNAの一部門でしたが、事業の成長と共に子会社的な位置に変化していきます。(スピンオフ企業)

 

なので、ほとんど独立した事業となっているのだと思いますが、どれくらいの営業利益があるのででしょうか?

 

調べてみましたが2017年の決算公告を見ると

  • 当期純利益 マイナス9817万円
  • 利益剰余金 マイナス2億3061万円
  • 負債4億円

という事でした。

 


これだけ見たら完全に赤字ですよね(笑)

 

ただ、企業経営は短期ではなく中長期的な視点で経営していますので、税金対策など含めて設立数年で赤字になっていたとしても事業自体が落ち込んでいるというわけではありません。

 

その証拠にshowroomの売上はアプリストアの売上ランキングTOP30に入っており、その気になればいくらでも利益を増やせる状態にあるといえますね。

 

現在は無理に利益を増やさずに、ユーザーからの知名度・認知度を高めることを重視しているとDeNAの守安社長も主張していました。

 

その努力もありshowroomのアイドルファンなどのスマホユーザーからかなりユニークなアプリだと認知されているようです。

 

また、今回の石原さとみさんと熱愛報道もshowroomの宣伝にかなり効果を発揮したものと思います。

 

 

となると前田裕二社長のポケットマネー&役員報酬としての年収はそれほど高くない可能性はありますね。

 

恐ら数千万円程で多くとも5000万円以下かと思います。

 

事業自体が今華僑というか、ここからが勝負という場面ですので、自分の消費や貯金にビジネスのお金を回している暇は無いという感じですね。

 

前田裕二社長の資産についても同様で、判断が難しくなってきます。

 

showroom自体の資本金1億という公表されており、いざという時のために残しておく資本余剰金も3億円以上あります。

 

まぁそれを前田裕二社長の資産とするなら4億円ほどある計算になりますね。

 

もちろん他の事業にも投資をしているでしょうから、もう少し多い可能性がありますが大企業の社長と違い正確に割り出すのが難しくなってきます。

 

結論を出すとshowroomは今回の熱愛報道で相当な知名度となりましたが、大きな利益を上げるのはまだまだこれからという状況です。

 

ただ前田裕二社長のビジネスセンスは確かな物なので将来的にかなりビジネスになることは確かだと思います。

 

石原さとみさんとの結婚も含めて、期待したいですね!