Sponsored Link

 

今週の直撃!シンソウ坂上に、日本で一番有名な動物愛好家であるムツゴロウさんこと畑正憲さんが出演されます!

 

番組内容はムツゴロウさんの困難続きの動物人生を振り返りながら、彼がどのようにして困難を乗り越えてきたのかを階層ししていくそうです。

 

そしてその大きな手助けとなったのがムツゴロウさんの妻である純子さんの支えだったんだとか。

 

ですが、現在二人は別居中で離婚危機という噂も出ているようです。

何故そんな噂が出ているのか、真相を今回調べていきたいと思います!

 

また畑正憲さんの弟さんや娘さん、お孫さんなどの家族構成についてこれを機に詳しく調べてお届けしますね!

 

あともう一つ気になる点として「死去2015」というワードが関連ワードに出ていましたが、動物の誰かが亡くなってしまったのでしょうか?そちらも一応調べていきたいと思います。

Sponsored Link

ムツゴロウさん(畑正憲)は現在、妻と離婚危機?

ムツゴロウさんのプロフィール

名前:ムツゴロウさん
本名:畑正憲(はたまさのり)
生年月日:1935年4月17日

年齢:83歳
出身:福岡県福岡市
大学:東京大学理科II類
職業:動物研究家・プロ雀士

 

ムツゴロウさんこと畑正憲さんは1935年に福岡県福岡市に生まれ、医者の父親の仕事の関係で高校まで満州国~大分と移り住んでいました。

 

そして東京大学を受験し理科II類に見事合格!

 

専門分野を選ぶ際父親は自分と同じ医学部を勧められていたそうですが、自分の好きな動物学専攻を決意し研究室に入ります。

 

就職先は学習研究社で学習映画を作っていたそうですが、後に辞表を出し兼ねてから動物と同じくらい興味があった物書きとして専門で活動していくことになります。

 

そして1967年に「われら動物みな兄弟」を出版し、日本エッセイスト・クラブ賞を受賞したことから世間に「ムツゴロウさん」という愛称で認知されていくことになります。

 

それからは北海道に「ムツゴロウ動物王国」を開園し、一時はそれが東京に進出するなど日本一の動物愛好家として知れ渡るようになりました。

 

 

そんなムツゴロウさんですが現在は、長年活動を支えてくれた妻との離婚危機「動物に飽きてしまった」説という全くらしくない噂が立っています。

 

その真相は、2004年に東京のサマーランド敷地内にムツゴロウ動物王国が進出したのですが、お客さんがほとんど入らず最終的に畑正憲さんに対して3億円程の借金が残り閉演してしまった事が原因となっています。

 

その借金自体は執筆活動やメディア露出で完済したそうですが、これがムツゴロウさんにトラウマやショックを残してしまい、現在は動物からやや離れて東京で生活をしています。

 

またムツゴロウさんの妻である純子さんは北海道のムツゴロウ動物王国に残っているため、そのせいで別居&離婚の噂が出てしまったという顛末でした。

 

ただあくまで不仲以外の理由があって別居しているだけみたいなので、離婚の事実は一切なく今も仲良しらしいです!

良かったですね!

 

また、動物との距離感についても、決して愛情が冷めたとか飽きたとかではなく「ある程度の距離を置いても動物に対して愛情を感じる事が出来る」といった事を語っていました。

 

これまで何十年にもわたって動物と触れ合ってきた畑正憲さんですが、その間に大きな借金を抱えたり、ライオンに指を引きちぎられたりと様々な困難を乗り越えてきたのだと思います。

 

なので、残りの人生は動物との良い距離感を取りながら楽しんで生きたいという感じなのでは無いでしょうか?

 

妻とも距離が空いてしまっているようですが、今週放送の番組の中では大きな感謝をしている旨が放送されるようなので夫婦関係も全く問題はないのではと思います!

ムツゴロウさん(畑正憲)の娘や弟などの家族は?

 

続いてムツゴロウさんの娘さんや弟さんやお孫さんについてなどのよりプライベートな情報を調べていきたいと思います。

 

畑正憲さんの娘さんは明日美(あさみ)さんと言って、幼いころから動物と触れ合わせて育てたところ、魚や動物などの命を食べることを拒むようになり、より自然界の掟や厳しさを知ってもらうという理由でムツゴロウ動物王国を建設するきっかけになったそうです。

 

それから明日美さんの娘で、ムツゴロウさんの孫にあたる女の子の風花ちゃんという子がいるみたいですね。

 

妻の純子さんと娘さん、お孫さんの三人は北海道の動物王国で暮らしているそうです。

 

 

あと弟についてですが、実はムツゴロウさんと弟さんは関係が決裂しているようなのです。

 

かなり昔に週刊誌に弟さんからのこのような告発文が掲載されました。

 

記事によればムツゴロウさんは収入の全てを自分で管理し「王国」のスタッフや弟には回すこともない「守銭奴」で、金銭的に苦労し病気になった弟にも見舞い一つない「冷徹」な人間だというのだ。

兄弟で争いはよくあることだが、記事は肉親間の憎悪劇だけには止まらなかった。それがムツゴロウの「動物虐待」疑惑だった。

https://lite-ra.com/2014/07/post-203.html

 

ムツゴロウさんはギャンブル好きでも知られているので、お金について少々だらしない部分があるのは事実のようです。

 

それが何かに作用して弟さんとの関係が崩れ、このような告発を受けることになってしまったのかもしれません。

 

その後別の雑誌でムツゴロウさんは否定してますが、東京のムツゴロウ王国の破綻の際にスタッフへの給与未払いが発生したという報道もあったので、真相はどうなのかな?という感じですね。

 

ただ、内容すべてが正しいというわけではないと思います。

ここまで動物を愛しているムツゴロウさんが動物を虐待するなんて到底考えられないので。

ムツゴロウ(畑正憲)の死去2015ってどういう事?

 

最後にムツゴロウさんの関連ワードに出ている気になる「死去2015」というキーワードについて調査してみたいと思います。

 

もちろんムツゴロウさんは今も存命中なので、特に関係がない言葉だとは思うのですが2015年といえムツゴロウさんが80歳になった歳ですね。

それが関係しているのでしょうか?

 

ですが、調べてみたところ明確な理由というのは分かりませんでした。

 

ただ度々ムツゴロウさんには死去説が流れるようで、恐らくそれは以前ライオンに指をかまれてしまったイメージが強くてあそこまで動物と近い距離で接していると命の危険があると多くの人が考えているからではないでしょうか?

 

実際にそれ以外の時にもライオンに噛まれたこともあるようなので、大衆がそう思っても仕方ないんでしょうね。

 

ただ、そんな時もムツゴロウさんは決して動物を責めず「素人じゃないのに恥ずかしい。こんなの傷に入らない」と発言したようで、こんなこと本当に動物を愛していないと出来ない行動です。

 

今では流石に歳だからか動物とは少し離れて生活しているようなので、是非長生きしてもらいたい値ですね。

まとめ

 

今回はムツゴロウさんこと畑正憲さんの現在や妻と離婚の噂や娘、孫、弟さんについてと2015死去説について調べてみました。

 

いかがでしたでしょうか?

 

やはり常人を超越したムツゴロウさんも流石に80歳を超えると自分のために生きたいと思う様になるんでしょうね。

 

現在は好きな執筆や絵描き、プロ麻雀士として活動して楽しい余生を送っているようです。

 

またテレビに出演する機会が少しずつ増えているみたいなので、また目にすることも多くなるかもしれませんね。

 

是非長生きしてもらいたいと思います!

 

今回も最後まで読んで頂きありがとうございました。