Sponsored Link

 

有名な流星群の一つであるしし座流星群の見頃は本日2018年11月17日に来る予定だそうです!

 

秋と冬の風物詩であるこのしし座流星群に関心がある方も多いみたいなので、2018年の見頃・ピークの正確な時間や方角などを調べてお届けしたいと思います!

 

本日の深夜当たりという情報ですが、どんな準備をして待っていればいいのでしょうか?

 

詳しく調べていきます!

Sponsored Link

しし座流星群2018の見頃やピークは何時?方角は?

 

しし座流星群の見頃とピークは本日2018年11月17日の深夜にくるようです。

 

18日の0時頃に月が沈むため、月明りが無い状態で綺麗な流星がいくつか見えるという事でした。

 

本日の深夜がしし座流星群のピーク時間となっているので、0時頃から朝方まで見ることが出来るようです。

 

方角は特になく、流星は空の全方向に放射状に飛ぶらしいので、今日の夜は電気を消して天体観測をするととても良いのではないでしょうか?

 

見れる場所としてベストなのはやっぱり明かりが少ない、山奥の方いいでしょうね。

 

東京だと来るまで40分ほどでいける石神井公園が名所だと言われています。

 

まだ出れば間に合うという場合はデートなどで行ってみてはいかがでしょうか?

しし座流星群2018の見頃の天気や詳細情報

http://news.livedoor.com/article/detail/15608854/

きょうの深夜からあす明け方にかけ、日本海側は雲が多めの傾向。一方、太平洋側は晴れる所が多くなりそうです。
●あいにくの空模様:「北海道北部と南西部、東北日本海側、関東、近畿日本海側、山陰」
雲に覆われたままとなりそうです。
●チャンスあり:「東北太平洋側、北陸、山陽」
雲が多めですが、晴れる時間もありそうです。
●『観測に適☆』:「北海道東部、東海、近畿太平洋側、四国、九州、沖縄」
きょうの深夜からあす明け方にかけて、少し雲のかかることはあっても大体晴れ。広い範囲で星空を見られそうです。ただ、今夜も各地で冷えて、流星が見頃の時間帯は10度を下回る所が多くなります。厚手のコートやブランケット、暖かい飲み物を用意するなど、寒さ対策を万全にしたうえで、流星観測を楽しんでくださいね。