Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
男性youtuber

じゅんやtiktokは何者で中国人?仕事や年収・年齢プロフィールやつまらない説も!

TikTokを中心に活動をするじゅんや(TikTok)さん。

特徴的なリズムに合わせたダンスやおもしろチャレンジなどが人気のTikTokerです。

TikTokでのフォロワー数は、2020年8月現在でなんと1,300万人!

今、乗りに乗っているTikTokerです!

今回は、そんなじゅんや(TikTok)さんについて

  1. じゅんや(tiktok)とは何者?中国人なの?
  2. じゅんや(tiktok)のプロフィール!年齢・出身・事務所は?
  3. じゅんや(tiktok)の仕事は何?年収・収入は?
  4. じゅんや(tiktok)はつまらない?アンチはいる?

といった、様々な疑問を調査していきたいと思います。

TikTok王とも呼ばれるじゅんや(TikTok)さんについてより詳しく知りたい方は、是非ご覧になってくださいね!


じゅんや(tiktok)とは何者?中国人なの?

じゅんや(TikTok)さんには、中国人であるという噂もありますが、その根拠となるような情報は見つかりませんでした。

しかし、じゅんや(TikTok)さんのTikTokのコメント欄をみてみると、ほとんどが外国語です

じゅんや(TikTok)さんが、日本国内だけでなく世界中の方から支持されていることが分かります。

「じゅんやダンス」と呼ばれる特徴的なダンスや、じゅんや(TikTok)さんの体を張ったネタは、言葉が分からなくても充分に意味が伝わります。

じゅんや(TikTok)さんの投稿する「言葉がなくても面白さが伝わる動画」が、世界中の方から指示を集めた要因となっているようです。

さらに最近では、じゅんや(TikTok)さん自身も海外の視聴者を意識してか、動画内では英語を使用するようになりました。

このような努力も、世界中の人達から愛されるポイントなのかもしれませんね!


じゅんや(tiktok)のプロフィール!年齢・出身・事務所は?

じゅんや(TikTok)さんは2019年1月からTikTokへの動画の投稿を始めています。

じゅんや(TikTok)さんは、詳細なプロフィールの発表はしていませんが、芸能事務所などには所属せず、個人的に活動をしている方だと考えられます。

じゅんや(TikTok)さんは、2019年12月に「25歳フリーターの俺は、女子高生と付き合いたい」と題した動画を、YouTubeにアップしています。

この動画タイトルで年齢を偽っていなければ、2020年8月現在では25歳または26歳ということになりますね。

じゅんや(TikTok)さんは出身地の公表はしていません。

しかし、じゅんや(TikTok)さんが投稿してたYouTubeの動画のタイトルを見てみると「〜やけど」「ほんまに」など、方言が使用されていることが分かります。

これだけで出身地を特定することは出来ませんが、関西圏の出身、または関西圏に住んでいたことがあるのではないか?」と推測できます。


じゅんや(tiktok)の仕事は何?年収・収入は?

先程ご紹介した動画にあったように、じゅんや(TikTok)さんは2019年12月時点ではフリーターでした。

TikTokには、2020年8月現在、動画が視聴され広告が再生されれば収益が発生する広告収入制度や投げ銭の制度はありません。

しかし、2020月7月にTikTok公式から「優秀投稿者」に選定された人のみにインセンティブを送ると発表されました。

ただし、収益化の条件は厳しく「優秀投稿者」になるための基準も発表されていませんので、じゅんや(TikTok)さんがこれに当てはまっているのか、定かではありません。

じゅんや(TikTok)さんはTikTokでYouTubeアカウントの公開をしていて、そちらもTikTokでの人気と同様、右肩上がりにチャンネル登録者数を伸ばしています。

じゅんやさんのYouTubeのチャンネル登録者数は7.2万人、最近1か月の再生回数は約7,035,000回です。

YouTuberの収入は、1再生当たり0.2円ほどと言われていますので、単純に計算をすると月収は140万円以上となります。

その計算でいくと、年収は1500万円以上になります!

今は1日1500人以上ものペースで新規のチャンネル登録者を増やしていますので、この現象が続けば収入はより高いものになりますね。

しかし、じゅんや(TikTok)さんの投稿動画にこんなにも注目が集まってきたのは、ここ最近のことです。

したがって、じゅんや(TikTok)さんは現在もフリーターとして働きながら動画の投稿を続けているものと推測します。

一時のブームで終わってしまわないよう、じゅんや(TikTok)さんにはさらなる面白い動画の投稿を頑張ってもらいたいですね!


じゅんや(tiktok)はつまらない?アンチはいる?

「TikTok王におれはなる!!! I will be King of TikTok!!!」を合言葉に、連日10作品ほどの動画を投稿し続けるじゅんや(TikTok)さん。

多い日には30以上もの動画を投稿しています!

じゅんや(TikTok)さんは、2019年1月にTikTokでの投稿を始め、2020年7月には日本人初のフォロワー1000万人達成という偉業を成し遂げました。

TikTokといえば、キラキラとした青春を送る女子中高生のためのツールという考えの方も多いかもしれません。

しかし、じゅんや(TikTok)さんの投稿する体当たり動画はどう見ても、キラキラした日常や女子中高生向けの「映える」動画とは言えませんね。

じゅんや(TikTok)さんのシンプルで分かりやすい動画は、子供日本語が通じない海外の方にも大変受けているようです。

じゅんや(TikTok)さんは、一般人でありながらもTikTokの未開の地を切り開いたたパイオニアであると言えますね!

しかし、人気者ゆえにアンチファンも多いのも事実です。

実際にじゅんや(TikTok)さんが投稿した動画には「オワコン」「ネタ切れ」といった心無いコメントが書き込まれることもあります。

じゅんや(TikTok)さんの投稿する動画は、特別難しいことをしているわけでもなく、さらには映える要素もないため、視聴した方の中には「つまらない」と感じる方もいるようです。

しかし、現在のじゅんや(TikTok)さんのSNSのフォロワー数の伸びや、動画の再生回数を見れば、アンチもその人気を認めざるを得ないのではないでしょうか?


まとめ

身体を張ったネタをして画面いっぱいに変顔、もしくは「じゅんやダンス」を踊りどこかへ落ちる…
ただそれだけの動画が多いのですが、なぜかクセになりハマる人が続出しているじゅんや(TikTok)さんの動画。

じゅんや(TikTok)さんの動画の再生回数やSNSのフォロワー数の伸びをみると、名実ともにTikTok王になったと言っても過言ではありませんね!

TikTokのチャンネル登録者数は軍を抜いての日本一なのですが、それがじゅんや(TikTok)さんの収入に直接結びついているのかは定かではありません。

TikTok内の収益化はまだ始まったばかりですから、はっきりとした収益化の基準などが発表されるのを待ちましょう。

しかし、最近ではYouTubeの登録者数もぐんぐん伸びていてこちらでの収入は大いに期待ができます。

これからもさまざまなコンテンツで面白い動画を発信し続けてもらいたいですね!

じゅんや(TikTok)さんからは、まだまだ目が離せません!

関連記事



こちらもオススメ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。